FC2ブログ

2017/11/24 ・ 2017/11/25 朝の14MHzと21MHzは歯が立たないが、夕方の7MHzは何とか PJ2T 40C

11/24 7:06、10.104MHz CWで9G5Wが入感。
コール開始するが、7:11にQRTとなった。

14.022MHz CWではサンバルテルミーのTO2SPが聞こえる。
7:16にQRXと打たれたので断念。

14.042MHz CWのJ68GDは弱い。

11/25 7:42、21.0228MHz CWではPJ4/KU8Eが聞こえるが弱い。

8:07、14.0267MHz CWでV4/N9NCが聞こえる。
パイルが大きい。
8:24には弱くなってしまった。

14.032MHzにはNP2Xが出ているようだが聞こえない。

用事で外出していたが夕方帰宅。
7MHz CWでWW DX Contestの様子をうかがう。
7.0303MHzでは6Y3Mが聞こえる。
呼ぶが届かない。

7.0568MHzではZF2MJが聞こえる。
これも届かない。

7.047MHzでは6Y0Wが聞こえる。
やはり呼んでもリターンはない。

7.0568MHzのZF2MJに戻ってコール。
信号が強くなってきた。
DS5USHが他の局に比べてスローなキーイングで1度に2回繰り返してコールするのだが、コールするタイミングがズレていて、リターンに重なってしまっている。
しかもやたら短点が多いので余計にイラっとする。
そこへ、RA0FFも参戦してきたが、この局もタイミングがズレていて、リターンを潰している。
更にJA6の局も同様にスローでリターンに被せてコールする。
もうやってられない。
とりあえず、こいつらに早くQSOを済ませてもらいたい。
しばらくすると、こいつらのQSOが完了したのでコール再開。
なかなかコピーしてもらえなかったが、何とかQSOできた。

7.0303MHzの6Y3Mは、急激に呼ぶ局が増えた。
クラスターを見るとスポットされていた。
わかりやすい。
大パイルに参戦しても仕方ない。

7.047MHzで6Y0Wを呼ぶ。
Sは3振っている。
呼んでも届かない。
一度「SF」と返って来たので、キタかと思ったが、WのFF局がQSOした。
それからしばらく呼んでいると、何とかQSOできた。
18:27だった。

7.0303MHzの6Y3Mに戻ってコール。
結構呼んだ末、やっと19:08にコピーしてもらえた。
QSO終了後、誰も呼ばなくなってCQ空振りの連続。

7.0074MHzにはP40Lが出てきた。
弱い。

7.0372MHzではTI7Wが入感。
空いている。
コールするとすぐに「LSF」と返って来た。
やはりZone 7とZone 8はこれだけの差があるなあ。

17:20、7.0525MHzにはXE2STが出ている。
呼んでも呼んでも届かない。
XEはカリブよりも近いのでできるかと思ったが、甘かった。

7.0127MHzのHQ9Xは弱い。
QSBがあって、時々しか聞こえない。

19:27、7.0409MHzにはPJ2Tが出ている。
弱い。
4分ほどコールしていると、何とかリターンあり。
バンドニュー。
遠いのにさすが!
そして、QSO後に信号は強くなった。

7.044MHzのP40Cはクリアに聞こえている。
呼ぶ局は少ないが、いくら呼んでも届かない。
自分しか呼んでいない状況で、呼んでも呼んでも呼んでも届かない。
ダメだこりゃ。

7.0532MHzにはPJ4Iが出ている。
Sは4振る。
呼んでも届かない。

7.0294MHzではPJ4Yも聞こえる。
しかし弱い。

20:20には7.044MHzのP40Cも弱くなってきたので、7MHzを諦めて3.5MHzへQSY。

3.530MHzではUN4LがS9で良く聞こえる。
コールしようとすると、急激にパイルになったが、なぜか一発で「JL3」と返ってきてQSOできた。

3.5336MHzではN0NIが弱く聞こえる。
呼んでみたが届かない。

3.5415MHzではKH6LCが弱く聞こえる。
呼ぶが届かない。

3.5164MHzではKH0KがS9+20dBで入感。
さすがに一発QSO。

3.5118MHzにKH6Jが出てきた。
KH6LCよりも少しだけ強い。
とは言っても弱い。
コールし始めるが、近くで別の局がRunし始めた。
リターンがかき消されぎみだが、何とかリターンがありQSO。

シャックが寒くなってきて、足が冷えたのでやめ。
夕食へ。
収穫は7MHzのPJ2。
7MHzのPJ4も欲しいなあ。

Robが自宅に帰り着いたようで、VK9MAの20RがClublogでヒット。
ただ、色んなバンドで重複QSOが異常に増えている。
Rob、ちょっと盛り過ぎ(^_^;)
こんなにQSOしてないしてないwww

11/25 1759J 7056.8kHz CW ZF2MJ (Cayman Is) 40deg 200W
11/25 1827J 7047.0kHz CW 6Y0W (Jamaica) 40deg 200W
11/25 1908J 7030.3kHz CW 6Y3M (Jamaica) 40deg 200W
11/25 1913J 7037.2kHz CW TI7W (Costa Rica) 50deg 200W
11/25 1931J 7040.9kHz CW PJ2T (Curacao) Band New 37deg 200W
11/25 2037J 3530.0kHz CW UN4L (Kazakhstan) 200W
11/25 2049J 3516.4kHz CW KH0K (North Mariana Is) 200W
11/25 2055J 3511.8kHz CW KH6J (Hawaii) 200W
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カリブ・・・

ZF2MJは、よほど設備がよいのですね。
 後、ジャマイカの数局も、JA方向の海にめがけて開けているようです。
そこより東の島嶼が何かの壁に阻まれて落ちるのか、アメリカでも
大陸部で落ちてしまうのでしょう。
 
もう少し太陽が元気になれば、KH2やkH0あたりまで上がってくるとか
JD1まで上がってくるなんてレポートが上がってくるんでしょう。 

ONXさん
ZF2MJはよくQSOできるので、カリブの中でもQSOしやすい局と認識しています。
以前はCO8LYがそういう感じでしたが、最近はなぜかサッパリです。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2021年、開局37周年

アンテナ
 (1)地上高14m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)
 (4)Shunt Fed Tower (for 160m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在) 最大空中線電力50kW
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

*2020年12月、1.8MHzタワードライブアンテナ運用開始。ATUで1.9MHzも使用可。随時改修。これにより160mのFT8にQRV可能に。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
66位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測って「そろそろ上陸かな」と推測するのはコレ。