FC2ブログ

2018/01/07 ・ 2018/01/08 HH2AA 20C これはS/P

1/7午後、20mの6O6Oは聞こえない。

15:40、21.023MHz CWで6O6Oが入感。
初めて真っ当な信号を聞いた。
入感方向はS/P。
15:49に急に聞こえなくなった。
その後もQRVはしていた様子だが。

夜は徹夜仕事。
1/8朝帰宅して80mを聞く。

5:24、3.517MHz CWでS510PMCが聞こえる。
信号は弱い。
呼んでも呼んでも届かない。
一度だけ「JL」が返って来ただけ。

5:33、3.5064MHz CWではOE3XMAが強力。
本当に強力で、Sが8まで振る。
当然すぐにQSOできた。

3.5258MHz CWではE709JANが聞こえる。
しかし弱い。
QSOできればバンドニューなのだが、呼んでも呼んでも届かない。

5:45、3.5285MHz CWではHB9CVQが聞こえる。
これも弱い。
聞いていると徐々に信号強度は上がってきたが、呼んでも届かなかった。
HB9もQSOできればバンドニューなのだが。

6:10、3.518MHz CWでLZ1833PSSが入感。
この局も信号が弱く、なかなか届かなかったが、6:18にQSOできた。
QSO直後からコールする局が急激に増えた。
またアレだ。
クラスターを見ると、やはりスポットされていた。

6:45、7.0229MHz CWで6O6Oが聞こえる。
「ASIA UP」と打っている。
コールサインは一切打たない。
UPでは山が2つあるが、RPは不明確。
一応参戦してみたが、当然リターンはない。
6:53、急激に弱くなってしまった。

7時半、ローバンドに見切りをつけて、20mのアンテナを中米方向へ向ける。
14.038MHz CWでHH2AAが聞こえる。
まだ信号は弱い。
呼ぶ局が少ないので、上手くすれば届くかも。
しかしリターンはない。
信号は徐々に上がってきた。
7:37、聞こえなくなったと思ったら、14.039MHzにQSYしていた。
何度かコールすると「JL3」でリターンあり。
再度コールして返って来たコールはラストレターが怪しい。
訂正するとフルコピーしてくれた。
バンドニュー。
皆さんご存じかと思うが、HH2AAは海抜1890mの山上リモートシャックで、100WにワイヤーDPで運用中。

1/8 0534J 3506.4kHz CW OE3XMA (Austria) 200W
1/8 0618J 3518.0kHz CW LZ1833PSS (Bulgaria) 200W
1/8 0739J 14039.0kHz CW HH2AA (Haiti) Band New 40deg 180W
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます。

HH2AA getおめでとうございます。そして今年もよろしくお願いします。
 あの島の「半分」は、3QSOやっているのですが、なぜかHHはATNOですね。
1900m近い山の上のワイヤーダイポールなら、東日本の人が気がつかな
かったらありつけるかも知れませんね。

 6Oは、ショートパスですか。まさか21MHzで聞こえるとは思いませんが、
あの「アンテナ」は21MHzならまだまともに働くかも知れません。

 ちなみに今は、短縮DPで18MHzで出ているのが西日本では聞こえている
(もちろん私らクラスの設備の方ではありませんが。)ようです。

ONXさん、ありがとうございます。
HHは初めてのQSOまでにだいぶ苦労したエンティティ―です。
第一、あまり出てきません。
このHH2AAの出現で、状況はだいぶ変わったのではないかと思います。

6OはL/PのときもS/Pのときもありますが、うちで聞こえるのは圧倒的にS/Pです。
今日の午後の18MHzは、弱いながらずっと聞こえていましたが、弱すぎて無理です。

明けましておめでとうございます

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年も近所でうるさくしていますが、よろしくお願いいたします。

今朝HH2AA出てましたか。その時間当方はRTTYのコンテスト中。これまでハイチには縁が無く、未だに聞いたことすらありません。多少は出ているようなので、気長に探してみます。
今年は年明け早々にA70X(IOTA AS-088)が出来なかったので、消沈しています。6O6Oは聞く気すら出ません。3Y0Zもこのままだと微妙...です(^^;)

きたらさん、あけましておめでとうございます。
近所ではありますが、QRMでうるさいという程ではありませんので、どうぞ思う存分やってください。
HHというのはそういう難しいエンティティーですね。
HH2AAは連日出ていたようですので、また機会があると思います。

兎に角コンディションが悪くてどうしようもありませんね。
先が思いやられますね。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2018年、開局34周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は439局(2017/11/30現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
410位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
85位
アクセスランキングを見る>>
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR