2018/01/30 Z60A 20C ATNO! 執念www

連日撃沈続きのZ60A。
夕方の14MHz CWがいちばん良く聞こえるが、もう無理かなーと思っていた。
いや、待てよ。
そんなに齷齪と働かんでも、うちはフレックスやから15時にとっとと退社すればパイル参戦できるがな。
ちょうど部長の予定も15時退社と書いてある。

15時退社。
駅から歩いたのに、なぜか記録的な速さで16:10帰宅。
早速14.012MHz CWでZ60Aが聞こえる。
S/PとL/Pの両方を聞き比べると、S/Pの方が少し強くて安定している。
コール開始。
いつもの如く、まったく手応えがない。
パイルの大きさはいつもと変わらない。
よくピックアップする周波数がいくつかあることに気付いていたので、それらの周波数を循環しながら呼ぶ。
16:40には少し弱くなってきた。
やはりリターンはない。
16:53には大きく信号が低下。
やばい。
しかし、17:06頃信号は再び上昇。
その後、1分間のQRXがアナウンスされた。
戻ってはきたが、「SRI QRX QRX AS」を断続的にアナウンスしていて、まだしばらく待たされそう。
17時半頃に再開されたが、Euを多く拾うようになってしまった。
やばい、やばい。
それでもコールを続けていると、17:44にQSBで落ちたタイミングで弱々しく「JL3*SF」が聞こえた。
再度コールを打って「599 TU」と打つと、即「TU」が返ってきた。
できた。
ATNO!
録音もバッチシ。
310エンティティ―目。
リターンがあった周波数は、やはり例のよく拾っていた周波数のうちのひとつだった。
早く帰って来て良かった。

1/30 1744J 14012.0kHz CW Z60A (Kosovo) ATNO 320deg 180W
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます!

全然できません。
Z61DXという局も出始めたようですね。
3Y祭りも始まるのでどこかで両方ともできると嬉しいのですが...

eiQさん、ありがとうございます。
あのパイルアップは一体どうなってるんでしょうかね。
DX Worldなどの記事を読むと、Euが相当お行儀が悪いようで、アジア・オセアニア指定、NA指定のときにもわんさか呼び続けるらしく、苦言を呈していますね。
今のOPご一行は2/4までのようですが、第二週も別のOPで運用があるみたいです。
期待したいですね。
ブーベも心配です。
GL!

祝Z60A

おめでとうございます。
 確かに今日は、330度方向(アンテナが風で出回っている?)が強かった
です。しかし、もっと強かった日がありましたが、「のれんに腕押し状態」
でした。
 良く拾っていると言う事は、ぐるぐるぱっぱの方法で対抗は出来ますが、
「火柱」を見られるアイテムを持っている方にはやはりかないません。

 しかし、そういう所で話題になってきていると言う事は、
「そういうペディに行かれている方々が認めざるを得ない状況」
と言う事です。ヨーロッパの「ハムフェア」みたいなので、そういう当事者
同士の「もめ事」が起きないと言う事は、そのような場には来ないような
人がやっていると思われます。
Euの連中の言い分が聞いてみたいですね。

ONXさん、ありがとうございます。
私の後に立て続けに3エリアの局がピックアップされましたので、比較的近くの局のアイテムに当局の「火柱」が見えたものと思います。
私の信号は弱いので、ビームのサイドに当たる遠方では「火柱」にならないでしょう。

「アジアと北米のQSO数を最大にするために集中しているので40000QSOを超えた」と言っていますが、40000を超えた理由はEuとのQSOでしょう。
酷いもんです。
しかも、お行儀の悪いEuについての記述が見あたらなくなっています。
一方、第二陣のOPご一行(G3TXF、IK0FVC、K9JF、VE7NY、DL3DXX、DL5CW、DJ5IW)が到着するようです。
期待しましょう。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2018年、開局34周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は439局(2017/11/30現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1039位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
230位
アクセスランキングを見る>>
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR