FC2ブログ

2018/05/13 ・ 2018/05/14 ・ 2018/05/15朝

5/13 0時、10.115MHz CWでC8Tが入感。
「CQ C8T UP」と延々打っているが、どうも呼んでもリターンがない様子だった。

5/14夜、各バンド聞いていてもこれといったところが聞こえない。

5/15 6時すぎ、10.108MHz CWでVK9LIが聞こえるが、猛烈に弱い。
弱すぎる。
それでもUPはかなりのパイル。
なぜ皆さんのところでは呼べるぐらいの強さで入感しているのだろう???

3B9RUNも弱すぎるしなあ。
3B9RUNもVK9LIもFT8ばっかりやっとるなあ。
FT8の大パイルは参戦しても意味ないからなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

VK9LI

今朝は、ずっと10MHzCWで、Eu指定をしているのですが、JAで聞いて
いても凄く弱いのに、Euに届くのでしょうか。荷物の関係で100W機だけ
とか?
 
 3B9RUNも、CWでのレポートがないので、調べたらFT-8とSSBだけ。
パワーは500Wみたいですが、何か4B4Bを思い出します。
 こちらはClublogにupされていますが、1ヶ月居て約7200QSOとは、
ほとんどアメリカ本土かJAでも北東の方だけだったのでしょう。 
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2018年、開局34周年
アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は440局(2018/07/20現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。
2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!
2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
467位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
89位
アクセスランキングを見る>>
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR