FC2ブログ

2018/11/16夜 ・ 2018/11/17 LY7M 160C, ON4IA 80C

2018/11/16夜、例によってリモートでローバンドCW。

20:15、1.8235MHzのVK2WFは弱すぎる。

22:05、1.818MHzのAA0RSはカスカス。

3.5039MHzではRA1QDがS9振るノイズに埋もれぎみ。

22:10、3.5025MHzでSM2EKMがS8でFBに入感。

23:09、1.8235MHzではN7UAが弱いながらも聞こえている。
10分ぐらい様子を見てコールすると、そのうち反応が返ってきた。
しかしコールはミスコピーされていて、惜しいところまではコピーされるものの、結局ダメ。

11/17朝5時、リモート運用の続きを...

1.819MHzではLY4Aが聞こえているが、呼び負けの連続。
そうこうしていると、1.822MHzにも同じLYからLY7Mが出てきた。
ここでも先生方に呼び負けながらも何とかQSOできた。

5:26、1.825MHzではYL100Lが、強くはないがクリアに聞こえる。
コールしてQSO。

1.821MHzのYO2LCは弱い。
呼んでみたけどダメだった。

5:42、1.824MHzではUR5WAが弱いけどもクリアに聞こえている。
どうも160mは80mと違ってノイズレベルが低いのか、弱くても良く聞こえる。
コールすると「AGN」と返ってきて、再度コールするとQSOできた。

5:50頃、3.550MHzでSX100WWIが良く聞こえている。
呼んでみたけど全然届かず、5:53にQRTとなった。

5:55、3.525MHzでいつものER3MMが入感。
いつも通り弱い。
そして、呼んでも呼んでもやはり届かない。
いつの日かQSOできるのだろうか???

3.5095MHzではOP8VPが聞こえる。
せっかくの未交信のベルギーだが、呼んでも届かず。

とか言っていると、3.505MHzでON4IAが入感!
FB Sig!
慌ててコールするが、立て続けにWに呼び負け。
3局目ぐらいでQSOできた。
当局のQSOが終わると、JAが何局かコールしていた。
ベルギー、バンドニュー。

3.504MHzではES3AXが辛うじて聞こえるが、時折「AX」とか断片的に聞こえる程度。

7:23、3.506MHzではON8DMが「CQ NA」。
何か急になぜベルギーこんなに?

7:29、3.507MHzでHA5OVがS5でまあまあの強さ。
なぜかパイルになっている。
このパイルを聞くと呼ぶ気が失せるが、思い切ってコールしてみると、一発でリターンあり。

ここでそろそろリモート運用をやめて、自宅設備でワッチ。
やっぱりここ最近は10MHzより上はパッとしないなあ。

9時、14.011MHz CWではA35EUが聞こえるが、非常に弱い。
コールしても反応がない。
あかんわ。

10時、18.143MHz SSBでA35EUが入感。
S3だが、UP10で呼ぶとリターンあり。

夜20:25、リモートで80mをワッチ。
3.5058MHzでZF9CWが入感。
非常に弱い。
UA局と国内の8Jの記念局のQRMが酷い。
呼んではみたが、届かないまま21:05にQRTとなった。

その後、160mを聞いていると、偶然JH9DRL/9局がJA9コンテストに出ておられたのでQSO。
1st QSO TNX! でした。

早めに寝ようと思ったが、その前に10MHz FT8をワッチ。
TF5Bが入感している。
コールするが、周波数が悪いようでリターンがない。
バンドは空いているのだが。
何度か周波数を変えてコールしていると、DRL局の次にリターンあり。
バンドニュー。
TFが入感するとは思ってもいなかった。

11/17 0515J 1822.0kHz CW LY7M (Lithuania) Band New 100W
11/17 0526J 1824.9kHz CW YL100L (Latvia) 100W
11/17 0542J 1823.7kHz CW UR5WA (Ukrane) 100W
11/17 0642J 3505.3kHz CW ON4IA (Belgium) Band New 100W
11/17 0732J 3507.4kHz CW HA5OV (Hungary) 100W
11/17 1003J 18143.0kHz SSB A35EU (Tonga) 135deg 200W
11/17 2135J 1811.5kHz CW JH9DRL/9 (富山市) 100W
11/17 2310J 10136.0kHz FT8 TF5B (Iceland) 350deg 130W
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

祝  TF5B!

get おめでとうございます。
 あの辺は、ほぼ真北でスーパーの壁の向こうは、高層マンションがあり、
TF、OY、JW、OXなどはあまり聞こえません。OXは少し前までATNOでした。
 CQ誌別冊で、電波伝搬のコラムの執筆者が3mHの導線DPで21MHzで出来
たと紹介しているJX(初めて間もない頃で、JAと間違えられたそうです。)
はATNOです。

 3.5MHzのON、まさにその通りですね。例え方が違うかも知れませんが、
50MHz国内で、「出来ない、出来ない。」と言っていたら、近距離Esなどで
立て続けに出来たりして。

 TFは、以前フルサイズの1.9MHzのアンテナを海岸べりに建てていた
ビッグステーションがいましたが、最近は出ていないんでしょうか。
 

ONXさん
ありがとうございます。
TFはまさかの入感でした。
当時バンド内に賑わいはなく、QSO後はCQ連発となっていました。
160mでTFは聞いたことがありません。

1st QSO TU

LSFさん、JA9コンテストでのサービスありがとうございます。1st QSOになりましたね。とても良い信号でした。

TFは海辺にむちゃ強い信号で入っていました。

DRLさん
1st QSOありがとうございました。
またそれが160mというのも嬉しかったですし、160mの国内QSOではLoTWに上げてくれる局が今までいませんで、何とLoTW上で160mのJAの初CFMとなり、1upしました。
ありがとうございました。
TF立て続けに2局QSOされたそうで、おめでとうございます。

光栄です。

160m JA 初コンファームとは、びっくりでもありますがとても光栄です。
時々160mの国内コンテストやDXコンテストも出ますが、DXコンテストの方であればJAの方も結構LoTWに上げてくれます。国内コンテストだと1割~2割くらいです。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2021年、開局37周年

アンテナ
 (1)地上高14m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)
 (4)Shunt Fed Tower (for 160m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在) 最大空中線電力50kW
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

*2020年12月、1.8MHzタワードライブアンテナ運用開始。ATUで1.9MHzも使用可。随時改修。これにより160mのFT8にQRV可能に。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
123位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測って「そろそろ上陸かな」と推測するのはコレ。