FC2ブログ

2019/01/04 ・ 2019/01/05 ・ 2019/01/06 ・ 2019/01/7 ・2019/01/08 ローバンド不振(ハイバンドは言わずもがな), E51DWC 160C

*1/4
0時すぎ、7MHz FT8(新)でOD5ZZが入感。
コールしているとQSOできた。
バンドニュー。

0時半、リモートでローバンドCWをワッチ。
3.522MHzでFK8IKがS5で入感。
コールするが、かなり苦労して何とかコピーしてくれた。

夜、またリモートでローバンドCWのワッチ。
21:09、1.8205MHzでRL3Aが入感。

3.511MHzではVK3CWBとJA1LNQが同時にQRVしている。

21:10すぎ、1.8225MHzでVK6LWが入感。
弱い。
コールするがリターンはない。

23:57、3.5186MHzではRT3Tが聞こえる。

*1/5に日付が変わり、3.5018MHzでE51DWCが聞こえる。
「UP1」と打っている。

3.5064MHzではUD4FがFB SIG。

E51DWCに戻ってコール。
QSOできた。

朝もリモートでローバンドCW。
8時すぎ、3.524MHzで4X0Mが入感。
弱い。

8:09、3.5028MHzではER1AUが聞こえる。
しかし、コールしてもリターンはない。

3.5024MHzではUY0ZAがクリアに聞こえている。

8:22、3.520MHzではUX3UWが聞こえる。
弱い。

ローバンドはやめて、自宅設備でワッチ。
8:27、10.120MHz CWではS57Vが強い。

8:29、4X0Mが7.0124MHz CWにQSYしてきた。
コールしてQSO。
3.5MHzは厳しかったが、7MHzでは簡単に届く。

8:35、S57VもコールしてQSO。

午後、15:15、14.001MHz CWでE51DWCが聞こえるのでQSO。

14.028MHz CWでは4X0MがL/Pで非常に弱く入感。

深夜、リモートでローバンドCWをワッチ。
22:07、3.5065MHzでVK6LWが聞こえる。
呼んでも届かない。

*1/6
5:30、10MHzはノイズレベルが高い。

リモートでローバンドCWをワッチ開始。
5:40、3.5095MHzでDM70GERがS9で強力に入感。
しかし、呼んでもリターンはない。
しばらくコールしているとQSOできた。

6時、3.536MHzでUR5MMが「CQ TEST」。

3.512MHzではF5INも「CQ TEST」。
信号強度はまあまあだが、ノイズレベルがやや高い。

3.5115MHzではSP9JZTが「CQ TEST」。

3.517MHzではS57Fが弱い。

3.5259MHzでは9A1AAが強い。

3.5223MHzではPA3FQAの「CQ TEST」が聞こえる。
弱い。

3.504MHzではHA5BGLがS8と強力。

6:25、3.508MHzではOK1CFがS7で入感。
某先生がコールを何度も何度も繰り返して苦労の末QSO。
当局が呼んでみると、一発でQSOできた。
地域差か???

1.8214MHzではUA9LDDの「CQ TEST」が聞こえる。

3.5245MHzではSP7Pの「CQ TEST」が聞こえる。

6:40、コンテストばかりなので、もうやめ。

深夜
またリモートでローバンドCWをワッチ。
23:23、3.5155MHzでRT19NYが入感。
23:26に消えてしまった。

3.502MHzではE51DWCが聞こえる。
弱い。

23:38、3.519MHzでRU0AがS6。

*1/7
0時すぎ、3.505MHzでER1AUが聞こえる。
まあまあの了解度。
0:20には少し信号が上昇。
0:27、0:30とだんだん信号が上がってきてFBに聞こえるように。
0:40、「QRZ」が返ってきたが、結局QSOできず。

0:46、3.5155MHzでRT19NYが聞こえる。
強いが、なかなか正しくコピーしてくれず苦労。

0:50、3.529MHzでRK3AW/Mが聞こえる。
コールしてQSO。

1:05、また今日もER1AUが聞こえるがリターンはない。

3.517MHzではSN100IPが良く聞こえる。
しかし、しばらくすると弱くなった。

3.516MHzではVU2CVSが弱い。

朝もリモートでローバンドCW。
7:18、3.504MHzでは4Z4KXが聞こえる。
少し弱い。

3.506MHzではHA8RMがS7。

7:20、3.525MHzでHZ1TTが入感。
「UP1」と打っている。
呼んでも呼んでも届かない。

3.512MHzではLZ1354PMが入感。
呼んでもリターンがない。

7:40、QRXになっていたHZ1TTが再開。
しかし、やはり無理。


リモートでローバンドCW。
1.8229MHzでE51DWCが入感。
弱いが、時々信号が上がる。
「UP2」と打っている。
UP2ではバンド外にはみ出してしまう。
少し下目で呼んでみるが、全然届かない。

*1/8に日付が変わり、0:15、3.509MHzでER1AUが入感。
良く聞こえるが、呼んでも呼んでも届かない。

1:30、3.5225MHzでRK19NYが聞こえる。
弱い。

3.519MHzのRO19NYを呼ぶが、1:56にQRXとなった。
2時に3.5177MHzに出てきた。

3.512MHzではRC19NYが聞こえる。

夜もリモートでローバンドCW。
21:05、3.512MHzでUN5Jが入感。
呼んでいると、一度「JL」と返ってきたが、それきり。

21:15頃、18.229MHzでE51DWCが入感。
最初はめちゃくちゃ弱かったが、21:41には少し信号が上がった。
しかし、QSBで落ちている時間が長く、なかなか難しい。
22:01にそれっぽいリターンがあった。
しかし、どことなく間違えているように聞こえる。
「599」を送ってくれているのは聞こえる。
再度コールを繰り返して「559」を送ると、完全に低下してしまって、最後までよくわからなくなった。
できた?
できてない?
その後も、QSBで上がってきたら呼んでみたものの、すぐに下がってしい、きっとダメ。
そのうちクラスターに2度スポットされ、信号も安定してきたので、UPはパイルに。
こうなるともうダメ。

年末頃から、3.5MHzでコールしてもほとんどリターンが返って来なくなった。
11月はよくQSOできたのに。
こちらでは良く聞こえていても、相手側のスノーノイズなどのレベルが高いのだろうか。
特に中央アジアやEuでその傾向が強い。

追記: 160m CWのE51DWCはClublogでログインが確認できた。
最初のQSOがダメだと思って、後でもう一度コールしたが、どちらもQSOできていた。

1/4 0019J 7074.0kHz FT8(新) OD5ZZ (Lebanon) Band New 300deg 175W
1/4 0034J 3522.0kHz CW FK8IK (New Caledonia) 100W
1/5 0052J 3502.0kHz CW E51DWC (South Cook) 100W
1/5 0830J 7012.4kHz CW 4X0M (Israel) 300deg 180W
1/5 0835J 10120.0kHz CW S57V (Slovenia) 330deg 130W
1/5 1516J 14001.0kHz CW E51DWC (South Cook) 120deg 140W
1/5 1954J 7003.1kHz CW E51DWC (South Cook) 120deg 180W
1/6 0550J 3509.5kHz CW DM70GER (Germany) 100W
1/6 0628J 3508.0kHz CW OK1CF (Czech Rep) 100W
1/7 0046J 3515.5kHz CW RT19NY (Russia) 100W
1/7 0050J 3529.0kHz CW RK3AW/M (Russia) 100W
1/8 2201J 1822.9kHz CW E51DWC (South Cook) Band New 100W
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
699位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
156位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。