FC2ブログ

2019/04/26 ・ 2019/04/28 ・ 2019/04/30 ・ 2019/05/01 ・ 2019/05/03 TO19A 17S+17C+15C

*4/26
0:40、10MHz FT8で8Q7AMが入感。
コールするがリターンがない。
15分近く呼んでいるとQSOできた。

4/28朝から高知へ帰省。
午後、久々にHexbeamを建てて、夜50MHzでAll JAコンテストの様子を聞く。
寂しい。
SSBでは何も聞こえない。
CWでは辛うじて何局か聞こえる。
JH4WXY、JR3EOI/3、JA5EXN/5の3局とナンバー交換。
他にも意外に3エリアの局が聞こえた。
高槻の某局も聞こえていたがQSOできず。

*4/29
朝7時半、聞こえるのは14.013MHz CWのV73NSぐらい。

8:36、14.026MHz CWでKH0/KC0WとQSO。

17時、18.140MHz SSBでTO19Aが聞こえる。
JAがいっぱいコールしているが、EuばかりとQSOしている。
17:13には信号が上昇。
17:14、4エリア某局がやっとQSOに成功し、これに続くJAが続々かと思ったが、そうはいかず。
17:19には更に信号が上昇したが、全然JAには返らない。
そのうちJA各局はコールしなくなった。

17:35、14.021MHz CWでDU8FYが入感。
少し呼んでいたらQSOできた。

20:45、TO19Aがまた18.140MHz SSBに出ている。
信号は弱くなっている。
聞いていると、JAを拾い出した。
20:54、少し信号が上昇。
21:56には更に上昇。
コールしていると、20:59にQSOできた。

*4/30
10時過ぎ、ゴールデンウィークで移動している局がいそうなので7MHzをワッチ。
7MHzのアンテナはないが、HexにATUで無理矢理乗せる。
7.014MHz CWにJO2ASQ/8(上磯郡木古内町)が出ているのでコール。
無理矢理なアンテナだがすぐに拾ってもらえた。

10:58には10.129MHz CWでもJO2ASQ/8とQSO。

13:54、50.135MHz SSBはBW/JH3GGCだと思うがカスカス。

21:36、14.0333MHz CWでSV9/OH1VRと何とかQSO。

22:53、14.004MHz CWではJY5HXがS6で入感。
UPはパイルになっているが、この局とはもう3回もQSOしているのでスルー。

*5/1
8:51、14.012MHz CWでRW4YA/9が聞こえる。
逆に言えばこの局ぐらいしか聞こえない。

そう言えば5/1なので丹波篠山市が出ているはず。
8:56、7.011MHz CWでJG3QWP/3(丹波篠山市)が入感。
パイルになっていたが、コールするとすぐに「/5」のリターンがあり、QSOできた。

15:40、18.074MHz CWでTO19Aが入感。
例によってこの時間帯はちょっと無理。

18:15、TO19Aがまた18.074MHzで聞こえている。
RPを探ってコールすると、意外に簡単にQSOできた。
UP4.59だった。

*5/2
13:30、14.024MHz CWでTO19Aが入感。
しかし、カスカスで、上がってくることもなかった。

13:52、TO19Aが18.074MHzにQSYしていたが、信号は弱い。
それでも簡単にQSOできるような感じ。

5/3朝に高知を出発。
舞子トンネル内で5台が絡む事故が発生していて、第一通行帯が規制されていたが、後方ではそれに気付かずに動かない渋滞の列に多数の車が次々と加わる。
こちらは第三通行帯を走っていたので、スムーズに事故現場を通り過ぎて垂水ジャンクションへ到達。
それ以外は大した渋滞はなく、昼過ぎに帰宅。
ただし、下り線の渋滞はえげつなかった。

19時、21.013MHz CWでTO19Aが聞こえるが弱い。
しかも、「ガサガサ」いうノイズ(?)が酷い。
19:30に信号が上昇。
19:40には更に上昇。
19:49には物凄く上昇し、その直後に遂にリターンあり。
UP5.36だった。

23時頃、14.033MHz CWに4X64Gが出ている。
信号は強いがパイルが大きい。
14.011MHzの4X64Nは信号がそれほど強くないが、コールしているEu勢も弱い。
そこで、4X64Nをコール開始。
すると「SF」でリターンあり。
Euに勝った!

4/26 0054J 10136.0kHz FT8 8Q7AM (Maldives) 255deg 160W
4/28 2018J 50257.0kHz CW JH4WXY
4/28 2047J 50268.5kHz CW JR3EOI/3
4/28 2056J 50293.0kHz CW JA5EXN/5
4/29 0836J 14026.0kHz CW KH0/KC0W (Northern Mariana) 150deg
4/29 1741J 14021.0kHz CW DU8FY (Philippines) 220deg
4/29 2059J 18140.0kHz SSB TO19A (Reunion)
4/30 1023J 7014.0kHz CW JO2ASQ/8 (上磯郡木古内町)
4/30 1058J 10129.0kHz CW JO2ASQ/8 (上磯郡木古内町) 40deg
4/30 2136J 14033.3kHz CW SV9/OH1VR (Crete) 300deg
5/1 0858J 7011.0kHz CW JG3QWP/3 (丹波篠山市) 300deg
5/1 1822J 18074.0kHz CW TO19A (Reunion) 250deg
5/3 1949J 21013.0kHz CW TO19A (Reunion) 250deg 130W
5/3 2311J 14011.0kHz CW 4X64N (Israel) 310deg 150W
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは、相変わらずご活躍中のようで何よりです。今も7MHzでTO19Aを呼ばれている信号が強力です。

それはそうと、長年使用していたTRXが寿命のため、このGWに妻には内緒でIC-7610を購入してしまいました。
無線機もどんどん進化しているようで、色々な機能に毎日感動しています。ただプリアンプを入れると5kHz毎に某AMラジオが入るのが困りものですが。

あと、5/1に丹波篠山市と交信するJH2LSFを7MHzCWで見かけました。この局ご存知?

kitaraさん、おはようございます。
NEWリグGETおめでとうございます!
昨夜のTO19Aは最悪でした。
コールしながら、立ち上がったままだったWSJT-Xを閉じたら、VFO Bの周波数がとんでもないところに飛んでしまい、その瞬間にTO19Aからリターンが返ってきました。
慌てて周波数を戻してみましたが、戻しきれずNILです。
その後2時頃まで必死でコールしましたが、だんだんEuの比率が増えてきて撃沈です。
さて、中波ラジオからのQRMにつきましては、私はアメリカ製の中波カットのハイパスフィルターを入れています。
40dBちょっとしか落ちませんが、あるとないでは大違いです。
JH2LSFとは一度QSOしました。
あちらも当局のことはご存じで、QSOしたかったと思ってくれていたそうです。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
699位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
156位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。