FC2ブログ

2019/06/16 ・ 2019/06/17 ・ 2019/06/18 ・ 2019/06/21 ・ 2019/06/23 ・ 2019/08/24 ・ 2019/06/25

*6/16
All Asian DX Contest。
20:07、3.511MHz CWでZL4YLが聞こえるが、呼んでもリターンなし。

20:14、1.814MHz CWでT88PBが入感。
リターンはない。
皆さんコールしているが、リターンのない局が多い。

3.521MHz CWでK6NAが聞こえるが、呼んでもリターンがない。

3517.2kHz CWでK7RLが入感。
リターンなし。

3.515MHz CWでKL7SBが聞こえる。
呼んでもリターンがない。

3.5217MHz CWでK3ESTが入感。
リターンなし。

あかん。
ローバンドやめ。

21:18、24.895MHz CWで5X2Bが弱いながらも聞こえる。

3.5285MHz CWで3W1Tが聞こえるがノイズがあるらしくリターンはない。

22:16、14.0404MHz CWでOX3XRが入感。
弱い。

7MHz CWへ。
N5ZOをはじめ、7局とQSOして終わり。

*6/17
0:22、14.003MHz CWで5Z4/LZ4NMが入感。
All Asian DX Contest。
当局の弱い信号を一生懸命聞いてくれて、4分もかかってQSO。

*6/18
1:50、10MHz FT8でS9Aが入感。
弱い。
しばらくすると信号は上昇。
UA4とS5へリターンが返り、どちらも無反応。
じっと眺めていると、当局にリターンが返ってきた。
コールを止めて2分後だった。

*6/21
6時すぎ、14MHz FT8では、皆さん7X3WPLを呼んでいる。
しかし、うちでは見えない。

*6/23
20時すぎ、14MHz FT8でOX3HIが入感。
いくら呼んでもリターンがない。
この局はいつ呼んでもリターンがない。

22時すぎ、14MHz FT8でSV8や4Xをコールするが、全然リターンがない。
そのとき、SP3AMに呼ばれた。

4K6MARがCQ連発状態。
見事な空振りCQの連続。
それなのに、呼んでも呼んでもリターンがない。
そのうちやっとQSOできた。

*6/24
夕方帰宅すると、朝は大丈夫だったはずの3エレの導波器が傾いている。
やりやがったな!
鳥!
きっと重量のある鳥が、エレメントの片側だけに何羽も止まったに違いない。

*6/25
朝の出勤前にタワーに登り、例によって釣竿の先にラチェットレンチをテープで固定したものを使って、エレメントを水平にする。
暑い。

夕方帰宅してFT8の画面を見ると、昼間に50.313 FT8でG8BCGや4S7ABが入感していた痕跡があり。
しかもG8は+8という強力さ。

6/16 2014J 1814.0kHz CW T88PB (Palau) 100W
6/16 2231J 7019.0kHz CW N5ZO (CA) 45deg 200W
6/16 2235J 7016.7kHz CW K9DX (IL) 45deg 200W
6/16 2236J 7014.9kHz CW W6YA (CA) 45deg 200W
6/16 2238J 7012.0kHz CW W6AX (CA) 45deg 200W
6/16 2241J 7012.3kHz CW K3EST (CA) 45deg 200W
6/16 2244J 7008.6kHz CW WJ9B (ID) 45deg 200W
6/16 2251J 7014.5kHz CW VE7DZO (BC) 45deg 200W
6/17 0029J 14003.0kHz CW 5Z4/LZ4NM (Kenya) 295deg 150W
6/18 0157J 10136.0kHz FT8 S9A (Sao Tome I) 300deg 150W
6/21 0026J 18100.0kHz FT8 S92HP (Sao Tome, Principe) 300deg 125W
6/21 0028J 18100.0kHz FT8 A41ZZ (Oman) 300deg 125W
6/21 0035J 10136.0kHz FT8 A41ZZ (Oman) 300deg 130W
6/21 0107J 14074.0kHz FT8 SU1SK (Egypt) 315deg 140W
6/23 1635J 50313.0kHz FT8 JH9DRL/P (射水市) 25deg 100W
6/23 1917J 50313.0kHz FT8 JG3IFX/8 (河西郡中札内村) 30deg 100W
6/23 2257J 18100.0kHz FT8 SP3AM (Poland) 315deg 130W
6/23 2304J 18100.0kHz FT8 4K6MAR (Azerbaijan) 315deg 130W
6/23 2311J 18100.0kHz FT8 DL1HCN (Germany) 330deg 130W
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

コールありがとうございました。

LSFさん、コールありがとうございました。
こちらは、射水市移動でした。
LoTWにも、/Pでアップしています。

毎回、移動するとコンディションが悪く困っています。

DRLさん
あそこは射水市でしたか。
射水市は初交信です。
ありがとうございました。
今まで50MHz SSB特記でJCC・JCGを集めてきておきながら、FT8で未交信の所とたくさんQSOできるので、意図せずMIXでのJCCが増えています。

それから、/Pの件承知しました。
FT8で/Pの局と交信したときに、QSLカードやLoTWを/Pにするか/9にするかは、いつも迷っています。

移動運用はそんな感じですね。
よくわかります。
もう運でしかありませんので、文字通り幸運をお祈りします。
またチャレンジしてください。

コールサインの件

射水市 1st 良かったです。

QSLのコールサインは交信時に使っていた物をそのまま書けば迷わなくて良いかも知れません。FT8だと6文字コールの/○(数字)どうしだとレポートを送れないので、先日も最初は /9でやっていたのですが/P局から呼ばれてレポートを送れずだったので途中で/Pに変更しました。LoTWには交信時に使ったコールサイン毎にアップしております。

明日は休みですが天候が悪いようで移動できず。
どうも運が良くありません。

「/P」とのことで承知しました。

迷うのは、SSB・CWでは「/9」などエリアナンバーを使用し、FT8では「/P」としている移動局ですね。
もうわかりません。

射水市

横から失礼します。
 射水市は、富山県へ移動した中では、一番沢山行ったところです。
市内の旧新湊市の海王丸公園(ちょっとそれると高岡市になってし
まいます。)の空き地で、良く「店開き」していました。
 でも、これを「いみず」とは地元の方か、無線をやっている方位
しかすらっと読めないのではないでしょうか。

 そこから1,2,3エリアと交信した記憶があります。立山などの回折
が影響しているようです。
 
 また、氷見市から高岡市の方にかけてある、「雨晴海岸」などでは、
FM放送で、東京の方の放送が良く聞こえます。
 良く移動されている方は、これを聞きながら、店開きする場所を
探すようです。

 

ONXさん、こんにちは。

亀レスになってしまいました。
通勤途上、スマホからの投稿が上手くいかなかったので。

射水市へ移動されたことが何度もあるんですね。
射水市の海側は、山から離れた場所なので、富山県内の平地としては割とロケーションが良く電波の通りが良いですね。

当局の場合は、北側のEUかW方向狙いで、良く移動していました。

ここ3年ほどは、HFのハイバンドコンディションも悪いので、年に2度ほど6mDX狙いでの移動だけかな。

当局は海老江海浜公園駐車状で店開きしています。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2021年、開局37周年

アンテナ
 (1)地上高14m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)
 (4)Shunt Fed Tower (for 160m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在) 最大空中線電力50kW
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

*2020年12月、1.8MHzタワードライブアンテナ運用開始。ATUで1.9MHzも使用可。随時改修。これにより160mのFT8にQRV可能に。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
512位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
118位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測って「そろそろ上陸かな」と推測するのはコレ。