FC2ブログ

2019/08/14 ・ 2019/08/15 ・ 2019/08/16 TO5Mはムリ, KH8C 30F

*8/14
帰宅してワッチ。
20:14、14.035MHz CWでTO5Mが聞こえている。
弱いなあ。

10.143MHz FT8でもTO5Mが入感。
21時からはWやEuを拾い始めた。

TO5Mは無理だった。

*8/15
夕方、10.143MHz FT8でTO5Mが出ているが不感。
東日本の局がQSOしている。

10.136MHz FT8でKH8Cが入感。
いくらコールしてもリターンなし。
17:44にQRTとなった。

18時、10.143MHzのTO5Mを再度ワッチ。
何となくウォーターフォールに黄色い筋がうっすらと見えるのだが、デコードできない。
18:50には黄色の筋が濃くなってきたが、それでもデコードできない。
諦めて夕食へ。
夕食から戻って確認すると、18:02から18:12の間に信号が上昇し、なんと-1でデコードできていたことが判明。
がっかり。
18:59にも-7で受信できたが、すぐに受信できなくなった。

19:35、TO5Mのオンラインログを眺めていると、20m FT8にQRVし始めたことがわかった。
探してみると、14.085MHzにでていることが窺えた。
しかし、御本尊が例の如く受信できない。
19:37にやっとTO5MのCQがデコードできた。
コールするが、またCQが出る。
皆さんコールしているのに、延々のCQとなっている。
おかしい。
19:42には-4となった。
しばらくして交信が成功した局がいる。
マルチアンサーされるとデコードできなくなる。
信号は-5程度で安定している。
それでも全然届かない。
JAからはかなり一方通行ぎみ。
19:52、WとQSOしている。
おいおい...
いい加減台風10号の有人待機に出勤しよう。
と言うことで断念。

*8/16
明けで昼に起床。
13:11、50.160MHz CWで何か聞こえる。
しかしすぐに聞こえなくなった。
ビームが西方向なので、多分あの方々が九州のどっかに行っているのかと。
FT8にQSYしたかと思ってワッチするが、見当たらない。
探していると、50.285MHz RTTYでJA5RWY/6(福岡県嘉麻市)を発見。
やっぱり。
コールするが、全然届かない。
デコード率も良くない。
しばらく呼んでいたが、消えてしまった。
次はFT8かな?
WSJT-Xを起動すると、JG3IFX/Pが受信できた。
Esで東の方とQSOされていたが、コールしているとリターンあり。
ここはSSBが欲しいけど、この信号強度では無理ねー。

15:20、14.005MHz CWでZS9Vが入感。
弱い。
コールするが全然届かない。
15:41には信号が少し上昇。
15:50にはかなりFBに入感するようになった。
しかし、15:53には低下に転じ、16:05にはほぼ不感となってしまった。

17:55、TO5Mが出てくるのを待っていると、10.136MHz FT8で昨日撃沈したKH8Cを発見。
慌ててコールすると、「Hold TX Freq」のチェックが外れて、オンフレになってしまった。
あー、と思っているとリターンあり。
たまたまオンフレになったのが幸いして一発でQSOできてしまった。
昨日の惨状は何だったのだろう。

10.107MHz CWでTO5Mが出ているようで、皆さんUPでコールしている。
しかし、うちでは御本尊が受信できない。
20mに出てきてくれ。

TO5Mがなかなか14MHzに出て来ないので、50MHzをワッチ。
18:28、50.213MHz SSBでJA6WCYが聞こえる。
到来方向は正面よりも南寄りの210度。
Sは5振っている。
未交信の奄美市なのでQSOしたいが、呼んでも、9エリアが珍しいのか9エリアばかり拾ってしまって、QSOしてもらえない。
そのうち聞こえなくなった。
逃してしまった、残念。

50.203MHz CWではJS6SCOが入感。
何度か呼び負けたが、QSOできた。
宜野湾市。

50.220MHz SSBではJS6TWW(島頭郡南大東村)が入感。
この局とは交信済みだと思っていたが、未交信だった。
コールしてQSO。

18:50、TO5Mのリアルタイムログを見ていると、14MHzに出てきた。
しかし、何とFT4だ。
探してみると、14.080MHzのようだ。
御本尊はやはりデコードできない。
仕方ないので今のうちに夕食を。

その前に、50.313MHz FT8にKG6DXが出てきたのでコール。
すぐにQSOできた。
以前はこの局をいくら呼んでもリターンがなかったが、7エレに変えた成果だろうか。

19:48、TO5MはFT4をやめてCWにQRVしている。
最初は14.026MHzだったようだが、14.025MHzに移ったようで少し混乱している。
御本尊は聞こえるが、弱い。
コールしてみるが、リターンは聞きづらいしパイルも大きいし。
これは無理。
そもそも、運用モードを日替わりで変えるのはやめてくれ。
狙いにくい。
毎日14MHz FT8 F/Hをやってくれればいいのに。
ホームページには「Provide as many ATNO´s as possible」や「Focus on Asia & OC」と書いてあるが、面白くない冗談は要らん。
この人達とQSOするのは無理だと思う。

20CでTO5Mをコールしながら、FT8とFT4の変更届を電子申請で行った。
附属装置諸元表さえ修正すれば、手続き自体は簡単だ。
しかし、提出後に諸元表に誤記を見付けてまた差し替え...
なにはともあれ、これでWSJT-X 2.1.0を使ってFT4にもQRVできるようになった。

8/16 1343J 50313.0kHz FT8 JG3IFX/P (福岡県嘉麻市) 280deg 100W
8/16 1344J 50313.0kHz FT8 DS2JJV (Korea) 280deg 100W
8/16 1406J 50313.0kHz FT8 JE3WQU (京都府相楽郡精華町?) 280deg 100W
8/16 1758J 10136.0kHz FT8 KH8C (American Samoa) 130deg 140W
8/16 1842J 50203.0kHz CW JS6SCO (宜野湾市) 210deg 100W
8/16 1849J 50220.0kHz SSB JS6TWW (沖縄県島尻郡南大東村) 200deg 100W
8/16 1857J 50313.0kHz FT8 KG6DX (Guam) 170deg 100W
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2021年、開局37周年

アンテナ
 (1)地上高14m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)
 (4)Shunt Fed Tower (for 160m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在) 最大空中線電力50kW
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

*2020年12月、1.8MHzタワードライブアンテナ運用開始。ATUで1.9MHzも使用可。随時改修。これにより160mのFT8にQRV可能に。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
66位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測って「そろそろ上陸かな」と推測するのはコレ。