FC2ブログ

2019/11/02 ・ 2019/11/03 ・ 2019/11/04 9G2HO 40F, YJ0RRC 20C+40C

*11/2
13:59、24.911MHz FT8でVK9NGが入感。
2回目のコールでリターンあり。

午後、50MHzをワッチしていると、東海マラソンコンテストでJR2UTH/2がCQを出している。
コールしようと思っていると、消えてしまった。

16:22、50.279MHz CWで東海マラソンコンテストのJS2PHOとQSO。

18.0737MHz CWでOR18NOLが聞こえる。
コールするがリターンはない。
オンフレのパイルはどんどん大きくなってしまった。
なぜこんなに大パイルになるのかと思ったら、エリザベート王女の18歳の誕生日の記念局で、アワードまであるらしい。
17:06に何とかリターンあり。

17:35、14.041MHz CWでJK3ZXK/2(AS-206)が入感。
17:40に「QRX15」。

20:39、14MHz FT8でJK3ZXK/2が入感。
呼んでも呼んでも届かない。
20:44に信号は低下してしまった。

*11/3
7:50、7MHz FT8で9G2HOが入感。
QSBがあって-24と弱い。
コールする準備をしていたら、急に-4まで上昇。
呼んだら一発でリターンあり。
バンドニュー。
QSO後に観察していると、Wや9AとQSOしており、JAには返っていなかった。

8:02、18.071MHz CWでHH2AAが聞こえる。
弱い。

14MHz FT8と18MHz FT8をワッチするが、これと言ったところは入感していない。

8:35、18MHz FT8でHK3WとQSO。

11:19、50.259MHz CWで東海マラソンコンテストのJF2FIUとQSO。

50.259MHz SSBではJH2の移動局がCQを出しており、岐阜県何とか市といっているが、コピーできない。
「CQ」と「岐阜県」は毎回聞き取れるので、全文をはっきり言ってくれれば多分聞き取れると思うが...

50.305MHz SSBで東海マラソンコンテストのJE2EVX/2(小牧市)とQSO。

12:02、50.252MHz CWで東海マラソンコンテストのJR2UTH/2とQSO。

13:58、50.2744MHz CWで東海マラソンコンテストのJI2GVLとQSO。

夜の徹夜仕事に備えて午後就寝。

*11/4
6:37、14MHz FT8でJ68HZが強い。
ピークで+6までいった。
しかし、呼んでも呼んでも届かない。
隙間がほとんどないし、コールしていて気付いたら被せられている。
7:20に消えてしまった。

7:29、18.077MHz CWでHH2AAが入感。

7:47、14.101MHz CWという変わった周波数でJ68GDが入感。
弱い。

7:54、HH2AAが14.006MHz CWにQSYしているが、カスカス。

8時、50.255MHz RTTYでお馴染みの皆さんがJM1XXL/4(安芸高田市)をコールしているが、当局にはほぼ受信不可。
すぐにCWとなったが、やはり当局ではフラッターのような状態で符号として聞こえない。
おかしいなあ。
8:04にまたRTTYになり、何とか半分ぐらいデコードできるようになってきたのでコール。
リターンも半分ぐらいしかデコードできないが、QSOはできている。
2分ぐらいすると、SSBでCQを出し始めた。
なぜか信号が上昇し、はっきりと了解できる。
コールしてQSO。
しばらくして皆さんCWでQSOしている。
当局もコールするが、なぜかCWではリターンがない。

しばらくして、JM1XXL/4がまたSSBでCQを出し始めたが、今度は広島市安佐北区と言っているように聞こえる。
しかし、信号強度が低下しており、はっきりと聞こえない。
その後RTTYとなり、文字で安佐北区と確認できたので呼んでQSO。
4分後にはSSBでもQSO。
8:40頃にはFT8に出てきたので、しばらくコールしているとQSOできた。
CWはQSOできなかったが、徹夜明けで眠いので就寝。

午後起床。
14:19、14.0405MHz CWでYJ0RRC(OC-104)が入感。
すぐにEu指定となった。
しばらく聞いていると、またJAを拾い出し、そのままずっとJAを相手にするようになった。
コールするが、いくら呼んでも呼び負ける。
RPは明白で、同じ周波数でコールする局にリターンが返る。
14:50には信号が低下し始めた。
15:25には大きく低下。
かなり弱い。
それでも延々コールしていると、15:30にやっとリターンが返ってきた。
やっぱり信号が強いときには勝ち目がなく、信号が弱い方がリターンが返ってきやすい。。
そのまま聞いていると、15:33には少し信号が上昇した。

15:35、14.033MHz CWでFO/K5PIが入感。
1分呼んでいたらQSOできた。

21:58、10.130MHz FT8でT6AAが入感。
+13と強力。
しかし、呼んでもなかなかリターンがない。
22:05、呼ぶ周波数をいちばん上から下の方へ変えたところ、やっとリターンあり。
バンドニュー。

23:16、7.006MHz CWでYJ0RRC(OC-104)が入感。
弱い。
なかなかリターンがない。
そもそもリターンの大半はWで、JAには稀にしか返らない。
30分コールを続けていたら、やっとフルコールでリターンが返ってきた。
弱かった。

23:53、7.024MHz CWのFO/W5MJはかなり弱い。

11/2 1400J 24911.0kHz FT8 VK9NG (Norfolk I) 160deg 110W
11/2 1622J 50278.9kHz CW JS2PHO 70deg 100W
11/2 1706J 18073.7kHz CW OR18NOL (Belgium) 340deg 170W
11/3 0754J 7074.0kHz FT8 9G2HO (Ghana) Band New 310deg 165W
11/3 0835J 18100.0kHz FT8 HK3W (Colombia) 45deg 165W
11/3 1119J 50259.0kHz CW JF2FIU 60deg 100W
11/3 1145J 50305.0kHz SSB JE2EVX/2 (愛知県小牧市) 45deg 100W
11/3 1202J 50252.1kHz CW JR2UTH/2 80deg 100W
11/3 1358J 50274.4kHz CW JI2GVL 60deg 100W
11/4 0804J 50255.0kHz RTTY JM1XXL/4 (広島県安芸高田市) 290deg 100W
11/4 0806J 50255.0kHz SSB JM1XXL/4 (広島県安芸高田市) 290deg 100W
11/4 0821J 50255.0kHz RTTY JM1XXL/4 (広島県広島市安佐北区) 285deg 100W
11/4 0825J 50255.0kHz SSB JM1XXL/4 (広島県広島市安佐北区) 285deg 100W
11/4 0843J 50255.0kHz FT8 JM1XXL/4 (広島県広島市安佐北区) 285deg 100W
11/4 1530J 14040.5kHz CW YJ0RRC (OC-104) 150deg 180W
11/4 1536J 14033.0kHz CW FO/K5PI (French Polynesia) 120deg 180W
11/4 2205J 10130.0kHz FT8 T6AA (Afghanistan) Band New 290deg 150W
11/4 2346J 7006.0kHz CW YJ0RRC (OC-104) 120deg 170W

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
49位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。