FC2ブログ

2020/01/01 ・ 2020/01/02 ・ 2020/01/03

*1/1
新年初QSOは3.5MHz。
Euロシア方面がたくさん聞こえる。

1.824MHz CWでRG20NYが強力に聞こえたのでコール。
しかし全然リターンがなく、80mへのQSYがアナウンスされた。
即3.514MHzに周波数を合わせてみたところ、偶然合っていてCQが始まった。
コールしてQSO。

1.817MHz CWではUB1CBKも聞こえていたが、弱かった。

8:20、14MHz FT8でP49Xが入感。
大晦日にNILだったので再挑戦。
しかしリターンはない。
8:35からはなぜかCQ連発となった。
時々DUの局がご本尊に被せてCQを出す。
こういうことをする局はDUが多い。
もっとよくワッチしてくれ。

昼間は50MHz FT8でCQ。
JR6や1エリアからもコールあり。

夕方は恒例の7MHz FT8。
早速M0NKRが入感。
コールするがいつも通りリターンはない。

GM7TUDも入感。
すぐに不感となった。

一旦G界隈は受信できなくなったが、20時半頃からまたM0NKRが入感。
しばらく呼んでいたらリターンあり!
しかし、やっぱり73は返ってこなかった。
いつもと同じ展開。

*1/2
日中は50MHzでQSOパーティー。
昨日同様JR6や1エリアからもコールあり。
未交信の八街市や糸島市ともQSOできた。

夕方は凝りもせず7MHzでG方面を探す。
FT8はさっぱりだったが、何と7.007MHz CWでGW3YDXが入感。
しかもFBに入感している。
コールするとすぐにQSOできた。
バンドニュー。
7MHzは混み過ぎてすぐに被せられ「73」が返って来ないFT8よりも、CWの方がQSOしやすいように思うな。

21:40、3.508MHz CWではお馴染みLA1MFAが良く聞こえる。

23:08、1.8215MHz CWでSM2EKMが聞こえている。
コールすると一度「AGN」と返ってきたが、QSOはできなかった。
その後も時々良く聞こえるので、様子を窺っていると、何となく信号が上がってきてQSOできた。

3.501MHz CWの3D2AG/Pは弱い。
弱いけれども意を決してコールしてみると、向こうへは結構届いていたようで、簡単にQSOできた。

23:42、1.8326MHz CWではYL3CWが聞こえている。

1.8239MHz CWではUT3IBが聞こえる。
コールしても届かない。
この頃になると、1.8214のSM2EKMが混信して聞こえるぐらい信号が強くなっていた。

*1/3
0時頃、3.5139MHz CWでZC4UWが聞こえる。
信号は弱い。
UP1でコールを続けてみたが、全然届かなかった。
0:46に信号が上昇したが、無理。
UPを聞くと、3.5151ぐらいでEuのパイルになっていた。

1時、10.123MHz CWでもZC4UWが聞こえるが、非常に弱い。
3.5MHzの方が強い。

7:45、14MHz FT8でHI8CJが強い。
コールするが、急激に信号強度が低下して、間もなく受信できなくなった。

8:09、14MHz FT8ではP49Xが-6で入感。
8:14には+1まで上昇。
しかしリターンはない。
8:50にはだいぶ弱くなった。
9時にはもうさっぱりダメになってしまった。

昼間はまた50MHz。

夕方、恒例の7MHz FT8。
デジタルモード未交換のPYを狙う。
PY1SXをコールするが、まったく届かない。
PP5JRの方が強いので、そちらをコール。
間もなくQSOできた。
モードニュー。

皆さんOH0KAGを呼んでいるので、真似してコール。
G方面と違って、それほど苦労せずにQSOできた。

18:11になって、やっとMI0GOZが入感。
今日は特に弱い。
瞬間的に-11ぐらいまで上がるが、続かない。
呼ぶだけ無駄だが、呼んでみた。
やはり無理だった。

1/1 0104J 3525.0kHz CW RW7F (Russia) 100W
1/1 0119J 3523.1kHz CW UT3IZ (Ukraine) 100W
1/1 0124J 3528.1kHz CW R8OM (Russia) 100W
1/1 0133J 3517.0kHz CW R9PS/0 (Russia) 100W
1/1 0140J 3514.0kHz CW RG20NY (Russia) 100W
1/1 1136J 7004.0kHz CW JP3AIM/3 (泉南郡田尻町) 220deg 160W
1/1 1239J 50313.0kHz FT8 JS6TKM (石垣市) 230deg 100W
1/1 1400J 50313.0kHz FT8 JA3POV (泉南郡熊取町) 260deg 100W
1/1 1414J 50313.0kHz FT8 JH3HWO (泉佐野市) 260deg 100W
1/1 1432J 50313.0kHz FT8 JA3OLZ (香芝市) 60deg 100W
1/1 1437J 50313.0kHz FT8 JK1BPA (?) 60deg 100W
1/1 1440J 50313.0kHz FT8 JM1VWQ (古河市) 60deg 100W
1/1 1443J 50313.0kHz FT8 JP3TNQ (豊能郡豊能町) 60deg 100W
1/1 1921J 7074.0kHz FT8 P29ZL (Papua New Guinea) Mode New 170deg 190W
1/1 1938J 7074.0kHz FT8 ES4IN (Estonia) Mode New 345deg 190W
1/1 1943J 7074.0kHz FT8 ES1KK (Estinia) 345deg 190W
1/1 2036J 7074.0kHz FT8 M0NKR (England) 345deg 180W
1/2 0022J 7074.0kHz FT8 9K2HM (Kuwait) Band New 290deg 180W
1/2 1129J 50313.0kHz FT8 JG3GYO (門真市) 270deg 100W
1/2 1132J 50313.0kHz FT8 JF3RGS (神戸市垂水区) 270deg 100W
1/2 1135J 50313.0kHz FT8 JH3CBA (大阪市福島区) 270deg 100W
1/2 1139J 50313.0kHz FT8 JS6TKY (八重山郡与那国町) 270deg 100W
1/2 1142J 50313.0kHz FT8 JG2NKN (浜松市南区) 60deg 100W
1/2 1147J 50313.0kHz FT8 JK1BPA (?) 60deg 100W
1/2 1151J 50313.0kHz FT8 JI3QUK (守口市) 60deg 100W
1/2 1152J 50313.0kHz FT8 JM1SZY (横浜市青葉区) 60deg 100W
1/2 1157J 50313.0kHz FT8 JG3LEB (彦根市) 60deg 100W
1/2 1202J 50313.0kHz FT8 JP1LRT (東京都杉並区) 60deg 100W
1/2 1207J 50313.0kHz FT8 JJ3WPX (草津市) 10deg 100W
1/2 1549J 50313.0kHz FT8 JE1KLA (八街市) 60deg 100W
1/2 1554J 50313.0kHz FT8 JA3RAY (高槻市) 60deg 100W
1/2 1607J 50313.0kHz FT8 JP3NQX (生駒市) 60deg 100W
1/2 1609J 50313.0kHz FT8 JF3BDN (?) 60deg 100W
1/2 1611J 50313.0kHz FT8 JQ3MOA (神戸市北区) 60deg 100W
1/2 1621J 50MHz SSB JE6HCL/2 (伊賀市) 55deg 100W
1/2 1629J 50247.0kHz SSB JR5GYF/5 (美馬市) 240deg 100W
1/2 1647J 50313.0kHz FT8 JR3PRC (枚方市) 160deg 100W
1/2 1650J 50313.0kHz FT8 JE3WQU (相楽郡精華町) 160deg 100W
1/2 1652J 50313.0kHz FT8 JH3BJG (宝塚市) 160deg 100W
1/2 1658J 50313.0kHz FT8 JE3VOK (西宮市) 245deg 100W
1/2 1712J 50313.0kHz FT8 JE6HJT (糸島市) 255deg 100W
1/2 1733J 50313.0kHz FT8 JE1BMJ (?) 70deg 100W
1/2 1803J 50255.1kHz SSB JI3MPZ/QRP (堺市西区) 330deg 100W
1/2 1817J 7007.5kHz CW GW3YDX (Wales) Band New 340deg 165W
1/2 2200J 3513.9kHz CW RU20NY (Russia) 100W
1/2 2321J 1821.4kHz CW SM2EKM (Sweden) 100W
1/2 2337J 3500.9kHz CW 3D2AG/P (Rotuma) 100W
1/3 0907J 50210.0kHz SSB JJ3MQX (大阪市東淀川区) 0deg 100W
1/3 1143J 50313.0kHz FT8 JM1XXL/4 (安芸郡熊野町) 260deg 100W
1/3 1417J 50313.0kHz FT8 JI4DPE (浅口市) 260deg 100W
1/3 1626J 50313.0kHz FT8 JE1VTZ (越谷市) 60deg 100W
1/3 1726J 7074.0kHz FT8 PP5JR (Brazil) 345deg 190W
1/3 1742J 7074.0kHz FT8 OH0KAG (Aland I) 345deg 190W

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
504位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
114位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。