FC2ブログ

2020/05/16 5Z4/G3AB 12F, Z81D 17F, UN7GK 6F

0:49、18MHz FT8でZ81DとQSO。

買い物に出掛けて10:45帰宅。
50MHz FT8ではUN7GKが-2と強力。
しばらくコールしているとリターンあり。
しかしQSBが速く、最後の73は見えなかった。

SSB、CWも聞いてみると、50.115 SSBでXV1Xが出ていた。
コールしてQSO。

50.318のFT4では3W3Bがメチャクチャ強い。
こちらから+22を送ってQSO。

50.120MHz CWではVR2ZQZ/Pが弱いながら入感。
何度かコールしてQSOできた。

FT4に戻ってCQを出すと、JP1LRTとJA1VZVが呼んでくれた。
またJG6CDHの信号が見えたので、ビームを西に振ってコール。
何度か呼んでいると気付いてもらえた。

14:25、A92HKとA71EMが強い。
いくら呼んでも返って来ないことで定評?のあるA71EMだが、やはり呼んでも呼んでもリターンはない。

14:38、UK9AAが入感し始めた。
弱い。

14:49、A92GEが入感し始めた。
-19。

15:30、A71AEが入感。
A71EMの方が強く、入感していた時間も短かった。

15:39、EY8MMが入感し始めた。
-15。

A92HKが「140 SSB」と打ってQSY。
どうせ聞こえないので追いかけない。

その間ずっとA71EMを呼んでいたが、16:00に遂に受信できなくなって撃沈。
この局はここのところ連日入感しており、6mでは珍しく2匹目のどじょうも3匹目のどじょうもいる状態なのだが、一向に捕まえることができない。

16:05、50.105MHz CWで3W1TとQSO。

その後、DXは近場しか入感しなくなり、国内Esメインになっていった。
特に、17時頃からは7エリアがたくさん入感。
入感する局のQTHを調べると、未交信の市郡が多かった。
18時頃からは1エリアが多数入感。
同様にQTHを調べると、いくつか未交信の市郡とQSOできた。
そして更に30分ほど経った頃、東方面に向けているのに6エリアが多数入感。
慌ててビームを西に振る。
またまたQTHを調べて呼んで、3市WKD。
同時に入感していた複数の4エリア局のQTHを調べると、山口県や島根県の局だった。
焦げついたまま何十年間ももどうにもならなかった山口市と遂にQSOできた。
これでJCCはWKD 643になった。

21:40、14.085MHz FTで4U1UNが入感。
信号強度は-15前後で、パイルにはなっているが、大パイルではない。
この状態が長時間続けば何とかなるように思えたが、22時ちょうどに消えてしまった。
区切りの良い時間だったのでQRTかな。

5/16 0016J 24915.0kHz FT8 5Z4/G3AB (Kenya) 280deg 130W
5/16 0027J 18100.0kHz FT8 F6CEE (France) 335deg 175W
5/16 0040J 18100.0kHz FT8 LZ50BFRA (Bulgaria) 300deg 165W
5/16 0049J 18100.0kHz FT8 Z81D (South Sudan) 300deg 165W
5/16 1103J 50313.0kHz FT8 UN7GK (Kazakhstan) 285deg 100W
5/16 1108J 50115.0kHz SSB XV1X (Vietnam) 230deg 100W
5/16 1126J 50318.0kHz FT4 3W3B (Vietnam) 235deg 100W
5/16 1129J 50313.0kHz FT8 JG3IFX/3 (堺市堺区) 320deg 100W
5/16 1144J 50120.0kHz CW VR2ZQZ/P (Hong Kong) 240deg 100W
5/16 1150J 50318.0kHz FT4 BV3UF (Taiwan) 60deg (back) 100W
5/16 1156J 50318.0kHz FT4 JP1LRT (東京都杉並区) 60deg 100W
5/16 1157J 50318.0kHz FT4 JA1VZV (相模原市南区) 60deg 100W
5/16 1203J 50318.0kHz FT4 JG6CDH (伊万里市) 250deg 100W
5/16 1605J 50105.0kHz CW 3W1T (Vietnam) 235deg 100W
5/16 1715J 50313.0kHz FT8 JE7AUA (長井市) 30deg 100W
5/16 1717J 50313.0kHz FT8 JH7GGZ (西白河郡西郷村) 30deg 100W
5/16 1722J 50313.0kHz FT8 JA7RPC (須賀川市) 30deg 100W
5/16 1723J 50313.0kHz FT8 JH3KAI (豊中市) 30deg 100W
5/16 1758J 50313.0kHz FT8 JH7MGJ (東白川郡棚倉村) 55deg 100W
5/16 1805J 50313.0kHz FT8 JH7RVS () 55deg 100W
5/16 1825J 50313.0kHz FT8 JN1CJS (銚子市) 60deg 100W
5/16 1827J 50313.0kHz FT8 JA1BPA () 60deg 100W
5/16 1831J 50313.0kHz FT8 JN1EDR (芳賀郡芳賀町) 60deg 100W
5/16 1838J 50313.0kHz FT8 JH6EYL (飯塚市) 250deg 100W
5/16 1842J 50313.0kHz FT8 JR6LOC (諫早市) 250deg 100W
5/16 1848J 50313.0kHz FT8 JE6SWT (大川市) 250deg 100W
5/16 1855J 50313.0kHz FT8 JE4SJA (山口市) 170deg 100W
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

↑ ありがとうございます。
  色々と楽しまれているようでFBです!
  幸か不幸か、いま時間があるうちにできることをやりたいものですね。

  7エレは6エレに比べて劇的な違いがある訳ではありませんが、
  皆さん仰るように僅かな差が効いてくる場面は確かにあると思います。
  製品の写真を見て、「このヘンテコなエレメント間隔は性能にこだわり
  があるに違いない」と思って欧州から取り寄せたものです。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2020年、開局36周年

アンテナ
 (1)地上高14m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
625位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
138位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測って「そろそろ上陸かな」と推測するのはコレ。