FC2ブログ

2012/09/15~17 高知帰省運用 NH8Sギリギリセーフ ・ RI1ANFは依然ダメ ・ スリランカ

運用場所: 高知県南国市(標高15m)
アンテナ: 5 Band Hexagonal Beam (hight 10m) (場合によってはマニュアルANTチューナー使用)


09/15(土)
QSOできた局: 
 午前 
 24892.0kHz CW T8XX (Palau)
 21250.0kHz SSB NH2KY/KH0 (Saipan)
 28485.0kHz SSB NH8S (Swains Island)
 10133.0kHz CW JA3YEC/JI1 (Shikine Island)
 21003.0kHz CW NH8S (Swains Island)
 21027.0kHz CW T8XX (Palau)
 21022.0kHz CW NA8O/VK4 (Australia OC-142)
 28003.0kHz CW NH8S (Swains Island)
 午後 
 14185.0kHz SSB NH8S (Swains Island)
 深夜 
 14006.0kHz CW MS0OXE (Isle of Tiree EU-008)
その他聞こえた局: 
 午前 
 21364.0kHz SSB W6P (USA)
 21295.0kHz SSB CO6LC (Cuba)
 21153.0kHz SSB DU1HBC (Philippines)
 21080.0kHz RTTY NH8S (Swains Island)
 18140.0kHz SSB NH8S (Swains Island)
 14185.0kHz SSB E6M (Niue)
 21285.0kHz SSB 5W0XT? (Samoa)
  
 18152.0kHz SSB UA2K (Kaliningrad)
 7005.0kHz CW NH8S (Swains Island)
 3503.0kHz CW NH8S (Swains Island)
 10104.0kHz CW CW NH8S (Swains Island)

先月、期間が短いという理由で最初からHexagonal Beamを使用せずに失敗したのに懲りて、15日早朝からHexagonal Beamを建てる。
NH8Sはあと7、10、14、21MHzが欲しいところ。
しかし、多くのバンドで延々NAやSA指定しており、呼べる機会さえなかなか回って来ない。
呼ぶ局が全然いないのに延々「CQ NA SA」を打っている場合もある。
午前の遅い時間になってくるとJAを拾い始めた。
ようやく14MHz SSB、21MHz CW、28MHz CWとSSBができた。
9:00には21MHz SSBでキューバのCO6LCがCQ空振り状態で聞こえていたが、呼んでも呼んでもダメだった。
式根島のJA3YEC/JI1はJI3DST局の運用。


09/16(日)
QSOできた局: 
 午前 
 21285.0kHz SSB NH8S (Swains Island)
  
 18080.0kHz CW 4S7UJG (Sri Lanka)
 21005.7kHz CW 5N7M (Nigeria)
 21004.9kHz CW MS0OXE (Isle of Tiree EU-008)
 18127.0kHz SSB 4S7TAG (Sri Lanka)
その他聞こえた局: 
 午前 
 10107.0kHz CW UT/R100SG ()
 14034.1kHz CW OH2BH (Finland)
 14033.0kHz CW PP1CZ (Brazil)
 14290.0kHz SSB 7T50I (Algeria)
 14159.0kHz SSB RI1ANF (South Shetland Islands)
 14072.5kHz PSK31 RI1ANF (South Shetland Islands)
 14043.7kHz CW JW5E (Svalbard)
 14195.0kHz SSB VP8LP (Falkland Islands)
 14251.0kHz SSB M0WGI (England)
 18156.0kHz CW 5N7M (Nigeria)
 21023.7kHz CW HC2SL (Ecuador)
 21209.8kHz CW 4S7DOG?→4S7TEG→4S7KCG (Sri Lanka)
 夕方 
 21275.0kHz SSB 4S7TAG (Sri Lanka)
  
 10118.0kHz CW 4S7QHG (Sri Lanka)
 10108.0kHz CW DU3/N0QM (Philippines)

2日目早朝はEuを中心に聞こえている。
その他、7T50I、RI1ANF、JW5E、VP8LP、HC2SLなどが聞こえるが大変弱い。
午前遅い時間になると、珍しくもスリランカが聞こえてきた。
日本人の運用だ。
最初はあまり呼ばれていなかったが、見る見るうちにパイルアップとなった。
30分おきにOPが交代していた。
まぁまぁの強さだが、呼んでも反応がないので諦めて昼食へ。
買い物を済ませて戻り、障子を4枚張り替えると夕方になった。
21MHz SSBでは4S7TAGの信号が強くなっていたが、向こうで同時にWARCバンドで出ているCWからのかぶりが酷いとのことで、毎回スタンバイの度に1~2分反応がない。
ん? WARCバンドのCW?
これは18MHzに違いないと思って18MHzをワッチすると、すぐに18.080で4S7UJGを発見。
何度かコールするとリターンあり!
OPはJA3UJR局だと確信したが、ラストレターがGだったので戸惑ってしまった。
夜は10MHzでも4S7QHGが入感するが弱い。
21MHz CWの5N7Mは弱かったが、徐々に信号強度が上昇してQSOできた。
いつの間にか18MHzのスリランカはSSBになっていた。
強い局が順にピックアップされているような感じだったが、何度か呼んでいるとリターンあり。
18MHz CW・SSBでスリランカとQSOできたが、18MHzはCFM済だったので実は21MHzが欲しかった。


09/17(月)
QSOできた局: 
 なし
その他聞こえた局: 
 午前 
 10109.3kHz CW 4S7LSG (Sri Lanka) 
 10114.7kHz CW EW8DJ (Belarus)
 10102.5kHz CW A45XR (Oman)
 10104.7kHz CW EK7??? (Armenia)
 10109.0kHz CW VK2GWK (Australia)
 10104.2kHz CW YU1SV (Serbia)
 10104.0kHz CW E72U (Bosnia and Herzegovina)
 10104.8kHz SSB DL2MDZ (Germany)

4:20起床。
17日はHexbeamを撤収して帰阪しなければならないが、前夜からの豪雨が止んでいない。
明るくなる頃には何とかなるだろうと思い、ワッチ開始。
10MHzはEuがたくさん聞こえるが、他のバンドは殆ど何も聞こえない。
クラスタにスポットがあった18MHzのRI1ANFは聞こえない。
早朝に18MHzというのは辛いなぁ。
RI1ANFは本当に巡り合わせが悪い。
結局何もQSOできないまま6:00になり、豪雨が止んだ隙にアンテナを撤収。
何とか濡れずに撤収できて良かった。

NH8Sは聞こえなかった。QRTしてしまったのか。昨日たくさんQSOしておいて良かった。
結局NH8SとのQSOは次の通りとなった。
14MHz CW, SSB
18MHz CW, SSB
21MHz CW, SSB
24MHz CW, SSB
28MHz CW, SSB

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
四国に行ってはったんですか。
こちらはだらだらの3連休です。(ひこにゃん見に行くつもりが取りやめ)
17日の朝は久しぶりにNA中部と東海岸とQSO出来ました。
さて、NH8S終わりましたね。結局、初志貫徹で1QSOもせずです。
さて、次はどこ狙いですかねー。

RDEさん、こんにちは。
天気が悪いですね。
次はConway Reefです。
それからAzores 9 Islands Huntも楽しみです。1島ぐらいQSOできるでしょうか???

最近、雷が多いですね。
次はコンウェイですか。3年ほど前にDLの局がペディやってましたので今回もパスかな。
CUって9つも島があるんですか。昨日はCU3CEが15mSSBでぽつぽつ呼ばれていた
程度でした。QSO出来てるんはこの局だけです。
9つ全部は難しいなー。

やっぱり、Hex Beamですね~!!
3連休でこれだけ出来たらFBです。お疲れ様でした。
こちらの3連休は成果も無く撃沈してました・・・・。
Conwayまでは、おとなしくしてます・・・。

SAIさん、こんばんは。
Hexbeamをもう少し高く上げることができれば、今聞こえない所も聞こえそうなんですがね。
この家は鉄骨造なので、実効的地上高はだいぶ低いと思っています。
次はConwayかと思っていたら、コソボが出てきたようで、どうしましょう???
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
699位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
156位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。