FC2ブログ

2020/11/04 ・ 2020/11/07 ・ 2020/11/08 ・ 2020/11/09 ・ 2020/11/11 ・ 2020/11/12 ・ 2020/11/14 ・ 2020/11/15 ・ 2020/11/16 ・ 2020/11/18 ・ 2020/11/19 ・ 2020/11/21 ・ 2020/11/22 ・ 2020/11/23 ・ 2020/11/24

*5T5PA
・11/7夕方、21MHz FT8 L/Pで強力に入感。
 リターンがあったが、更に強力な信号の局に潰されて73確認できず。
 ログサーチNG。
・11/24朝9時、また21MHz FT8 L/Pで強力に入感。
 コールするが全然リターンがない。
 強力な信号の局が多く、すぐに潰されてデコードできなくなる。
 なけなしのあらゆる機能を駆使して、強力な信号を消して消して何とか受信。
 1時間半以上コールして、10:31にやっとQSOできた。
 こんなに強いのに、もらったRPTは-20。
 道理でリターンがない訳だ。

*カリブ海
・11/9朝、21MHz FT8のCO8LYはリターンなし。
 でもCM2RSVは一発リターン。
 以前はCO8LYはキューバでいちばんQSOしやすい局だと思っていたが、なぜか近年難しい。
・11/9 8時、14MHz FT8で皆さんがHH2JRをコールしているが、当局には一切見えない。
・11/21 15:20、こんな時間に18.100MHz FT8で9Z4Yが入感。
 到来方向はL/P。
 しかし残念ながらリターンはなし。
・11/22 8:45、14.080MHz FT4でPJ4/DL6KRが入感。
 しかし信号は低下してしまった。

*5Z4VJ
・11/12 1時、10MHz FT8で入感。
 コールするがリターンはない。
 朝6時、まだ出ている。
 コールすると今度は一発でリターンが返ってきた。

*7Q7RU
・11/12 6:15、10.118MHz CWで聞こえるが弱い。
・11/13 7:24、7.0075MHz CWで聞こえるが弱い。
 レートが悪い。
・11/16 21:50、18.095MHz FT8で入感。
 22:20頃には殆ど受信できなくなった。
・11/16 22:05、14.095MHz FT8で皆さん延々コールしているが、当局には全く見えない。
・11/18 7:40、14.0268MHz CW弱すぎる。
・11/23 9:03、10.131MHz FT8で皆さんコールしているが、当局には全く見えない。
・11/23 13:54、18.095MHz FT8で久々に入感。
 しかし-23と弱すぎる。
 14MHz FT8では全く見えない。
・11/23 16時すぎ、18.095MHz FT8で入感。
 しかしコールしてもリターンはない。
 19:20には信号が上がってきたが、やはり全然リターンがないしCQ連発。
 過去の7Qのペディションはどれも結構簡単にQSOできたのだが、7Q7RUだけなぜこんなに悪いのか?
・11/24 1時すぎ、10.131MHz FT8で強力に入感。
 コールすると、今までと違って一発でリターンあり。
 なぜ急に状況が変化した???
 その後も眺めていたが、他のJAはなかなかQSOできていなかった。
・11/24 7:30に10.131MHzを覗いてみると、まだ強力に入感している。
 すぐに7.060MHz FT8を覗くと、こちらもFB SIGで入感している。
 コールすると、5回目でリターンあり。
 何かよく分からないが、急に相性が良くなった。

*D60AB
・11/19 0:22、7.001MHz CWで入感。
 ペディションではないのですぐに引っ込んでしまった。

*SU1SK
・11/21 17:40頃、21.074MHz FT8で入感。
 QSOはできなかった。

*EA9ACF
・11/22 17時、14.074MHz FT8 L/Pで入感。
 コールし始めたらJA3の強力な信号に潰されてしまった。

*西多摩郡
・昔から50MHzで全く交信機会のなかった西多摩郡だが、11/7にFT8でCQを出していたら、思いがけず西多摩郡瑞穂町のJE1FYV局からコールしていただけた。
 流石FT8。

デジタルモードでQSOできない主な理由は、強力な信号に潰されて、相手局が受信できなくなってしまうことにある。
相手局と強力な信号の周波数が離れていれば、ノッチフィルターなどで何とか頑張れるが、すぐ隣とか、半分被せられたりとか、完全に被せられたりとかすると、完全にお手上げ。
近隣の大電力局が強いのは仕方ないとして、中国とロシアに強力な局が特に多いのが困る。

11/4 2329J 3507.5kHz CW OH5BM (Finland) 100W
11/7 0823J 14080.0kHz FT4 XE2FGC (Mexico) 50deg 150W
11/7 0831J 21074.0kHz FT8 PU3YKW/M (Brazil) 50deg 135W
11/7 0853J 21074.0kHz FT8 XE3E (Mexico) 50deg 135W
11/7 1123J 50313.0kHz FT8 7L4SAM/1 (北茨城市) 60deg 100W
11/7 1130J 50313.0kHz FT8 JF1VRR (邑楽郡千代田町) 60deg 100W
11/7 1142J 50313.0kHz FT8 JE3CXJ (大阪市東住吉区) 70deg 100W
11/7 1148J 50313.0kHz FT8 JH4NYG (尾道市) 60deg 100W
11/7 1149J 50313.0kHz FT8 JE1FYV (西多摩郡瑞穂町) 60deg 100W
11/7 1725J 50313.0kHz FT8 JA5SUI/5 (吉野川市) 240deg 100W
11/7 1747J 21074.0kHz FT8 5T5PA (Mauritania) 150deg 130W
11/8 0951J 21074.0kHz FT8 4A50CRH (Mexico) 50deg 130W
11/8 1038J 50313.0kHz FT8 JA5DZJ/5 (吾川郡仁淀川町) 240deg 100W
11/9 0605J 7074.0kHz FT8 5Z4VJ (Kenya) 280deg 170W
11/9 0707J 21074.0kHz FT8 CM2RSV (Cuba) 35deg 130W
11/11 0030J 10136.0kHz FT8 XE2X (Mexico) 55deg 150W
11/11 0048J 10136.0kHz FT8 SV8NAJ (Greece) Band New 310deg 150deg
11/12 0611J 10136.0kHz FT8 5Z4VJ (Kenya) 280deg 150W
11/14 0919J 21074.0kHz FT8 ZP5DNB (Paraguay) 55deg 130W
11/14 1250J 50313.0kHz FT8 JA5SUI/5 (さぬき市) 255deg 100W
11/14 2112J 10136.0kHz FT8 YS1RR (El Salvador) 45deg 140W
11/15 0911J 18100.0kHz FT8 XE2YWH (Mexico) 45deg 160W
11/16 0635J 14074.0kHz FT8 J69DS (St. Lucia) 30deg 160W
11/16 0723J 18100.0kHz FT8 PJ2MAN (Curacau) 40deg 160W
11/16 0728J 18100.0kHz FT8 VY1MB (Canada) 40deg 160W
11/16 0735J 18100.0kHz FT8 YV4BCD (Venezuela) 35deg 160W
11/18 0853J 18100.0kHz FT8 TI2CDA (Costa Rica) 35deg 165W
11/18 0932J 18100.0kHz FT8 HC5EG (Equador) 50deg 165W
11/18 2359J 1831.5kHz CW N6TR (OR, USA) 100W
11/19 0804J 7074.0kHz FT8 9G5FI (Ghana) 310deg 170W
11/19 0858J 18153.0kHz SSB YS1ZZ (El Salvador) 50deg 160W
11/19 0914J 21074.0kHz FT8 XE2ML (Mexico) 50deg 140W
11/21 0102J 10136.0kHz FT8 A450XR (Oman) 305deg 155W
11/21 1858J 10136.0kHz FT8 MM0EAX (Scotland) 355deg 150W
11/21 2158J 50237.1kHz SSB JA5RCT/5 (東かがわ市) 260deg 100W
11/21 2203J 50239.0kHz RTTY JA5RCT/5 (東かがわ市) 260deg 100W
11/21 2225J 10136.0kHz FT8 4S7AB (Sri Lanka) 260deg 170W
11/21 2236J 7074.0kHz FT8 XE2JS (Mexico) 45deg 150W
11/21 2248J 7074.0kHz FT8 AP2TN (Pakistan) 285dg 175W
11/22 0902J 18100.0kHz FT8 KP4TR (Puerto Rico) 35deg 160W
11/22 0920J 50313.0kHz FT8 JA1AGG (八街市) 60deg 100W ← コールありがとうございました。
11/23 0918J 18100.0kHz FT8 TI2YO (Costa Rica) 50deg 150W
11/23 1000J 50313.0kHz FT8 7L4SAM/1 (栃木市) 60deg 100W
11/23 1025J 50313.0kHz FT8 JG1GWG (所沢市) 60deg 100W
11/23 1117J 50313.0kHz FT8 JA8DKD (千歳市) 25deg 100W
11/23 1157J 50313.0kHz FT8 JE7GXQ (大仙市) 270deg 100W
11/23 1210J 50313.0kHz FT8 JA5SUI/5 (名西郡石井町) 255deg 100W
11/23 1455J 24915.0kHz FT8 EY8MM (Tajikistan) 305deg 125W
11/23 1500J 18076.0kHz CW VK4DX/P (OC-137) 175deg 145W
11/24 0118J 10131.0kHz FT8 7Q7RU (Malawi) Band New & Mode New 265deg 160W
11/24 0737J 7060.0kHz FT8 7Q7RU (Malawi) Band New 265deg 170W
11/24 1031J 21074.0kHz FT8 5T5PA (Mauritania) 150deg 125W
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。ちょい、ご無沙汰です。


まだまだ不安定なコンディションですが
少し良くなってきましたね。

ハイバンドは短時間ですがオープンしてる
ようです。開けるとガツンときます。
(落ちる時も早いですが)

FB-DX

KCXさん
ご無沙汰で御座います。
確かにハイバンドは開けるようになりましたね。
FT8など眺めていると、急に潮が引くように消えていきますね。
これからが楽しみです。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2021年、開局37周年

アンテナ
 (1)地上高14m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)
 (4)Shunt Fed Tower (for 160m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在) 最大空中線電力50kW
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

*2020年12月、1.8MHzタワードライブアンテナ運用開始。ATUで1.9MHzも使用可。随時改修。これにより160mのFT8にQRV可能に。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
512位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
118位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測って「そろそろ上陸かな」と推測するのはコレ。