FC2ブログ

2012/11/21(水)朝の移動結果(第134回) PT0S迎撃大失敗!

s-P1020880.jpg

移動場所: 大阪府岸和田市(標高833m)
アンテナ: 2ele HB9CV + オートANTチューナー 10mH
CONDX : △
成果 :  


QSOできた局:

 なし。ボウズ


その他聞こえた局:

 10104.0kHz CW 5T0JL (Mauritania) 200deg
 10114.0kHz CW RI1ANF (South Shetland Islands)
 14033.5kHz CW PJ2/DF9LJ (Curacao) LP
 21024.9kHz CW V84SMD (Burunei)
 24955.0kHz CW V84SMD (Burunei)
 21014.8kHz CW KX2P (USA)
 14021.3kHz CW C50C (The Gambia) SP
 28018.0kHz CW VK9/OH1VR (Lord Howe Island)
 18073.0kHz CW PJ7XK (St. Maarten)
 28028.3kHz CW TG9ADM (Guatemala)
 18075.5kHz CW PT0S (St. Peter & St. Paul Rocks) SP


どの時間帯にどの方角で狙えばよいか全くわからないPT0Sの迎撃に出発。
皆さんのブログ等によると、ロングパスで入感との情報が圧倒的に多い。
しかし、自身の経験ではLPで入感することはほとんどない。
信じて良いかどうか相当迷う。
半信半疑ながら、意を決してLP情報を信じて南側に開けた場所へ。
この場所での運用は初めて。
なんせ、南東から南西方面にしか開けていないので通常は用がない。
5:35到着。気温4℃。

時間が早いのでハイバンドは聞こえない。
そこで10MHzをワッチ。
喉から手が出そうなモーリタニアの5T0JLが聞こえている。
しかし到来方向の200度方向には山頂があり、信号は弱い。
残念。

そして10.114にはこれまた巡り合わせの悪いRI1ANFが!
南方向に向けるが、信号は弱い。
これも山頂方向からのパスなのか?
結構長い時間呼んでみたが撃沈。
この局とQSOできる日は来るのだろうか?

14MHzにQSYすると、PJ2/DF9LJが聞こえている。
いつもの場所ならもっと強力に聞こえるのだろうが、この場所ではLP方向で何とか聞こえる程度。
これはおかしい。

ハイバンドは目ぼしい所は聞こえない。

また14MHzに戻ると、ガンビアのC50Cが聞こえる。
これも山頂方向からのパスのため、弱い。

28.018でVK9/OH1VRのCQが聞こえる。
この場所お得意の南にアンテナを向けるが、極めて弱い。
相手はビームをNAに向けているのだろうか?
呼んでみたが全然届かない。

18.073ではPJ7XKが北東方向から何となく聞こえているが、この信号強度では話にならない。

28.028でTG9ADMのCQが弱いながらもはっきり聞こえていたが、様子を伺っているうちに弱くなってしまった。

そろそろ撤収しようかと思ったら、18.0755でようやくPT0Sが聞こえてきた。
ビーム方向は北北西。
160度方向ではない。
そう、ショートパスだ。
あちゃー! 大失敗。
LP情報を信じた私がパカだった。
パカ!パカ!パカ!
いつもの場所にしていればもっとガンガン聞こえたものを...

ボウズで退散。

やはり移動場所の選定は重要。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ご苦労様です。
朝晩すっかり寒くなり、どこにも出かけようという気にもなりません。
朝の15mはFG等カリブが聞こえていますが届きません。
夕方はLPがいいようですね。でも帰るとなにも聞こえない・・・。さみしいです。
夜に17mでPT0が出ることがあるようですが本尊は聞こえないわ、スプリットは
広がりすぎやわで諦めています。

RDEさんこんばんは。
寒くなりました。
残業していると暖房が止められて寒いです。
PT0Sは強く入感することもありますが、不安定なパスと読めない運用のため、四六時中ワッチできるような人は5バンドも6バンドもQSOできているようですが、我々のような者には無理のようです。
ましてや移動組は蚊帳の外ですわ。

ご無沙汰しております。
単身赴任者も難しすぎます。。。

SAIさん、こんばんは。
「/1」でいかがお過ごしでしょうか。
このような難しいペディションは努力のしようがないので面白くありません。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
183位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。