FC2ブログ

2013/02/21(木)朝の移動結果(第148回) 9U4U迎撃-成功! とJ88DR様子見

s-P1030845.jpg

移動場所: 大阪府泉南市りんくう南浜(標高4.2m)
アンテナ: 2ele HB9CV + オートアンテナチューナー 8mH
      Dual Element Long Wire + マニュアルアンテナチューナー
天候 :  晴れ
気温 :  寒い
風速 :  強い
CONDX : ×
成果 :  


QSOできた局:

 14183.0kHz SSB 9U4U (Burundi) SP
 10115.0kHz CW JH1JDI/JD1 (父島)
 21027.2kHz CW H44KW (Solomon Islands, IOTA OC-047)


その他聞こえた局:

  3773.0kHz CW 9U4U (Burundi)
  7165.0kHz CW 6W/TF3ZA (Senegal)
 10103.1kHz CW EX8M (Kyrgyztan)
 10106.0kHz CW EA9/DL2RNS (Ceuta & Melilla)
 28018.5kHz CW V63ZM (FSM)
 14203.9kHz SSB J88DR (St Vincent and The Grenadines)
 28470.0kHz SSB 8P6NW (Barbados)
 14204.0kHz SSB CE7KOY (Chile)
 21014.0kHz CW V63ZM (FSM)
 21265.0kHz SSB KH0WF (Mariana Islands)
 14221.0kHz SSB RI1ANU (South Shetland Islands)


仕事が溜まって溜まって休んでいる場合ではないが、無理に代休を取得。
9U4Uブルンジは何としても絶対今日QSOしなければ、もう機会はない。
そこで、いつものHB9CVの他に、ローバンド用にロングワイヤーを用意。
車の後部の屋根にアンテナチューナーを置き、そこからHB9CVの下までワイヤーを展張。
80m、40m、20mで狙う作戦。

早速80mを聞くと、3.773 SSBで9U4Uが強力に入感。
Sが7まで振っている。
これはいけると思ったが、アンテナチューナーを調整している間に弱くなってしまった。
残念!

7MHzを聞くが、9U4Uは聞こえない。
しかし、7.165ではセネガルの6W/TF3ZAが強力に聞こえている。
しかししかし、再びアンテナチューナーを調整している間に弱くなってしまった。
また残念!

そうこうしている間に7時を過ぎ、例によって14.183 SSBで9U4Uが聞こえてきた。
強い。
ショートパスだ。
ただこの時間帯のオープンは時間が極めて短い。
慌ててUP10で呼ぶがリターンはない。
簡単にQSOできそうな気がするが。
ようやく「Listning 230」のアナウンスがあった。
230と言えば、遥かUP47kHzではないか!
それがだんだん幅を持ってきて、UP44で呼んでいるとリターンあり!
その後まもなく信号が弱くなってしまった。
良かった、ギリギリ何とかQSOできた。
2か月半ぶりのNew。
今日のオープンは15分間ぐらいではないか。

10MHzを聞くと、JH1JDI/JD1がCQを出している。
コールすると、「/3]がひっかかりリターンあり。
ラバースタンプQSOをするが、手持ちのマイクロスイッチでキーイングしているので、しばしば意図しない変な符号が出てしまう。
何という下手な人って思われたことだろう。

10.106では最近毎日スポットがあるEA9/DL2RNSが聞こえる。
しかし弱い。
EA9は未交信なのだがこれでは全く無理。

14.204では、これまた最近スポットが出始めたセントビンセント・グレナディーンのJ88DRが聞こえる。
しかし、これまた弱くて無理。
始めっから無理だとは思っていたが、やはり無理。
ただ、DS5某局のハムまみれの変調と、皆さんご存じのJL1某の呼び倒しがうるさい。
J88DRのホームページでは「DX Code of Conductを尊重してくれ」と書いてある。
このJL1某に対して「良く聞きなさい」とか「ロングコールやめて」とか声をかける局がおり、それに対してJL1某も「オヤジ、お前のコールを言え」とか言って、もう収拾がつかない。
もう頼むから「DX Code of Conductを尊重してくれ」。

今日はコンディションも良くなく、他に目ぼしいところも聞こえない。
21.027のH44KWを呼ぶが、これがなかなかの苦戦。
30分程度呼んだだろうか。
何とかQSOできた。

撤収しようと思った頃、14.221でサウスシェットランドの新局RI1ANUが北から入感。
しかし相変わらず信号が弱い。
このエンティティとはつくづく縁がない。

明朝雪山に登ってJ88DRを狙ってみるか、どうするか。
ちなみに明日は休みではなく徹夜。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

9U4U QSOおめでとうございます。
J8も欲しいところですが、チャンスに恵まれません。

NSDさん、ありがとうございます。
今回の9U4Uは難しかったです。
皆さんQSOできたバンドがそれぞれバラバラなようで、難しさを物語っていると思います。
7時台の14MHzの短時間オープンは、CQ誌の伝搬予報通りです。

9Uおめでとうございます。
私は土日しかもうチャンスがないので難しいかも?
呼び倒ししている局はNew狙いなんでしょうか
すでに持っていて交信しようとしているのであれば
たちが悪いですね。

AXCさん、ありがとうございます。

あの局にとって呼び倒しは普通のコールの仕方なんでしょうね。
悪いと思っていないようでしたから。
本人のブログによると、DXCC300を超えているとのことなので交信済のエンティティだと思います。

週末の幸運を祈ります。

ご交信ありがとうございました!

DR TOYO さん、こんにちは。JH1JDI/JD1です。
先日はご交信くださいましてありがとうございました!
21日は、父島から母島に移動する日で、父島出発前に、宿からQRVしていました。
21日午後から27日午前まで、母島に滞在していまして、30mbと40mbを中心にCWで出ていますから、また聞こえましたら、よろしくお願いしますね! 599 BK と打てないタチなので、ばか正直なREPTとOPだのQTHだの送っていて、のろのろやってますが、よろしければお願いします(笑

MAIさん、こんばんは。
こちらこそQSOありがとうございました。
父島・母島楽しそうですね。
国内は自宅からでも届くので、聞こえていたらまたお呼びしたいと思います。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
49位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。