FC2ブログ

2013/03/17(日)朝の移動結果(第158回) 新アンテナ

s-P1040128.jpg

移動場所: 大阪府岸和田市(標高725m)
アンテナ: 6バンドギボシ式2ele Yagi + オートアンテナチューナー 10mH
天候 :  晴れ
気温 :  3℃
風速 :  微風
CONDX : 
成果 :  


QSOできた局:

 18087.1kHz CW 9M4SLL (Spratly Islands)
 10120.0kHz CW J5UAP (Guinea-Bissau)
 18077.0kHz CW ZF2AH (Cayman Islands)
 24890.2kHz CW H44G (Solomon Islands)


その他聞こえた局:

 18070.0kHz CW UA0ZC (Asiatic Russia)
 18085.4kHz CW W5ON (USA)
 18138.7kHz SSB V31RT (Belize)
 18071.4kHz CW N5PHT (USA)
 14017.5kHz CW VE7ACN (Canada)
 14015.7kHz CW WJ9B (USA)
 18070.0kHz CW VA2I (Canada)
 18074.0kHz CW K6DXU (USA)
 10124.5kHz CW Z6/S52DD (Kosovo)
 10110.0kHz CW 9M4SLL (Spratly Islands)
 18069.9kHz CW 4A2I (Mexico)
 18071.1kHz CW AB6WL (USA)
 18083.9kHz CW W7QC (USA)
 18080.9kHz CW W8CW (USA)
 14012.5kHz CW K6AW (USA)
 21267.2kHz SSB VE7MTE (Canada)
 18125.1kHz SSB ZF2AH (Cayman Island)
 18076.0kHz CW kW7D (USA)
 24897.0kHz CW LW2DQA (Argentina)
 18140.0kHz SSB TG9NX (Guatemala)
 18076.0kHz CW T2GM (Tuvalu)
 24890.2kHz CW H44G (Solomon Islands)


HB9CVの分解時の嵩高さとトラップが嫌になったので、新しいアンテナを製作。
早朝からテスト運用に出発。
アンテナについては別途書くつもりだが、ギボシダイポールを発展させた、14~50MHzの2エレ八木。
ギボシによる切り離し箇所が5箇所ずつあり、希望のバンド(エレメント長)の箇所で切り離してバンドチェンジする。
なお、ギボシでエレメントを継ぎ足して、3.5MHz・7MHz・10MHzのダイポールにもなる。
軽いのでアンテナの上げ下げが苦にならないので、気軽にバンドチェンジできる。
とはいえ、やはり面倒ではあるため中間的な周波数の18MHzに設定しておき、アンテナチューナーを併用すればある程度バンド切替をズボラできる。
今日は終始18MHzの設定で運用してみた。

ここのところ暖かくなってきたとはいえ、早朝はまだ寒く道中は気温1℃だった。
山上は3℃。
6:00運用開始。

早速18MHzからワッチすると、UA0ZCが9+20dBでバンバン入感。
その他Wが軒並み強力に聞こえる。
SSBではベリーズのV31RTがSを振らせて入感している。
しかしJA指定になっても届かない。

アンテナの設定を変えずにATUの調整のみで14MHzを聞いてみる。
コンテストが行われており、やはりWが強力に入感している。
めぼしい所も聞こえないので、また18MHzへ戻ってスプラットリーの9M4SLLとQSO。

調子に乗って今度は10MHzにQSY。
コソボのZ6/S52DDが強く聞こえている。
呼ぼうとしたら弱くなってしまった。
10.120ではギニアビサウのJ5UAPが聞こえている。
UP3と打っているので、UP3でコールするとQSOできた。
10MHzでも実用になるとは満足満足。
多分7MHzでも使えるだろう。

また18MHzに戻ると、非常に強力な信号が聞こえる。
何かと思えば、ケイマン諸島のZF2AHがオンフレでパイルになっている。
激しいパイルなのでドンピシャの周波数で呼んでも無駄だと思い、UP320Hzでコールすると一発でリターンあり。
これは良く飛んでいる。
元日以来、久々のカリブ。

一方、J3やPJ2やPJ7やP4などの遠いカリブは、クラスタにスポットがあるものの全く聞こえない。
ZF2AHがSSBにQSYしてきたが、CWより弱い。
今度は呼んでも呼んでもパイルに勝てない。
そのうちQRXとなったが、戻って来ずに10MHzに行ってしまったようだ。

18.140ではグアテマラのTG9NXが出てきた。
これも強いが、パイルが激しく撃沈。
T2GMもパイルがが激しく、9:00になったのでQRT。

新しいアンテナはカリブ海まで届いたので、とりあえず合格。
ちなみになぜ2エレかと言うと、運用場所のスペースの都合上これが精一杯。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

あれの初登場ですね(笑)
ビームの切れはいかがですか?

今夜だけ、/2の岐阜県高山市です(^^)

jye/2さん、こんばんは。

先週待ち時間にボーっとしているのもアレだったので、反射器のワイヤを工作していたら、jyeさんに「仕事の長さと違う」と一発で見破られてしまいましたね。

方向調整をちゃんとしないといけないぐらいの指向性はありますよ。
HB9CVと同程度の切れです。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2020年、開局36周年

アンテナ
 (1)地上高14m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
815位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
193位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測って「そろそろ上陸かな」と推測するのはコレ。