高知帰省運用 2013/09/14~2013/09/16

s-P1060378.jpg
台風一過の高知に現れた虹


運用場所: 高知県南国市(標高15m)
アンテナ: Hexagonal Beam (hight 10m) (マニュアルANTチューナー使用)



【9/14】


◆QSOできた局:

18069.0kHz CW HC2AO (Ecuador) 午後
18076.9kHz CW T6T (Afghanistan) 夜


◇その他聞こえた局(撃沈!):

21001.0kHz CW TU5DF (Ivory Coast) 朝
18072.0kHz CW TU5DF (Ivory Coast) 朝
24893.0kHz CW LU7HF (Argentina) 朝
18070.0kHz CW ZP6CW (Paraguay) 朝
21003.9kHz CW FO/KH0PR (French Polynesia, Napuka Atoll, OC-094) 朝
21040.0kHz CW KL7RRC/P (Alaska, Kodiak Island, NA-019) 朝
14228.5kHz SSB HC8/G8OFQ (Galapagos Islands) 午後
14004.2kHz CW TT8/US3EZ (Chad) 午後 LP
24895.0kHz CW Z81R (South Sudan) 夕
10103.9kHz CW FO/KH0PR (French Polynesia, Napuka Atoll, OC-094) 夜
18071.9kHz CW LA8OM (Norway) 夜
21009.9kHz CW J28NC (Djibouti) 夜



【9/15】


◆QSOできた局:

21039.9kHz CW FO/KH0PR (French Polynesia, Napuka Atoll, OC-094) 朝
18094.0kHz CW FO/KH0PR (French Polynesia, Napuka Atoll, OC-094) 昼
18088.0kHz CW JA6TBE/6 (長崎県壱岐市, AS-036) 午後
7012.0kHz CW JE5FBD/5 (高知市住吉池, LA29) 午後
10104.0kHz CW FO/KH0PR (French Polynesia, Napuka Atoll, OC-094) 夕
7009.1kHz CW JA6TBE/6 (長崎県壱岐市, AS-036) 夜
10106.0kHz CW JW/DL2JRM (Svalbard) 夜
24891.0kHz CW 9X0ZM (Rwanda) 夜
14006.0kHz CW JW/DL5SE (Svalbard) 夜
7009.4kHz CW YS1/NP3J (El Salvador) 夜


◇その他聞こえた局(撃沈!):

21039.9kHz CW HP0INT/9 (Panama, Iguana Island, NA-203) 朝
28011.0kHz CW FO/KH0PR (French Polynesia, Napuka Atoll, OC-094) 朝
10127.2kHz CW HP0INT/9 (Panama, Iguana Island, NA-203) 夕
14011.2kHz CW VO2NS (Canada, Zone 2)



【9/16】


◆QSOできた局:

21040.0kHz CW HP0INT/9 (Panama, Iguana Island, NA-203) 朝


◇その他聞こえた局(撃沈!):

21005.0kHz CW HI3LFE (Dominican Republic) 朝



9/12の夜に、仕事をしていたらだんだん腰が痛くなってきた。
9/13の夕方帰宅して、以前からお世話になっている整体院に行ってから、夜高知へ出発。
深夜到着。

【9/14】の早朝からHexbeamを設置。
色々と聞こえるものの、高速太陽風のためコンディションが悪く、一日中撃沈の連続orz
辛うじてQSOできたのはHC2AOとT6Tだけ。

【9/15】は高速太陽風も治まり、やっとFOの“でんさん”と3バンドでQSOできるまでには回復。
3バンド目は10MHzだ。
ちなみにアンテナは14~28MHz用で、10MHz以下はアンテナチューナーで快調!
しかし台風が接近して、豪雨状態。
早めにアンテナを撤収しようかとも思ったが、毎回毎回、アンテナを撤収した後でコンディションが良くなるので、敢えて撤収せず。
雨の中、JE5FBD局が近くの高知市住吉池に移動していたのでコール。
もう少し長くQRVしていたら見学に行こうかと思ったが、すぐにCLとなってしまった。
夜は台風による風が強くなる中、例によってアンテナチューナーで10MHzのJW/DL2JRMとQSO。
続いて24MHzで9X0ZMをコールしていると、何となくリターンあり。
そのとき、運悪くQSBで猛烈に信号が下がってしまった。
確実に「/5」は聞こえたが、ちゃんと届いただろうか?
不幸なことに、QSBがあったのはこのとき1回だけで、その後は逆にかなり強くなった。
たまげたのはこの後で、何と7MHzでYS1/NP3JのCQが入感。
しかも誰もコールしない。
しかも強い。
ただ、ノイズレベルが高く了解度が大変悪い。
RSTで言えば379。
くどいようだが、アンテナは14~28MHz用だ。
しかも相手のアンテナはロングワイヤー+ATUだ。
運試しにコールしてみると...届いた!
ひえ~!!!
了解度が悪いので、1文字も間違いなくコールサインをコピーしてもらえたか、知る由もないが、QSOできたのは間違いない。
びっくりしていると、急激に強風が勢いを増し、アンテナがベランダの柵ごと飛んで行きそうな感じ。
Wethernewsによると最寄の観測点の風速は15m/sだが、当地ではもっと猛烈で、目測20m/s弱。
そこで針金を3本よじったものを作り、これでポールの固定を何箇所も補強。
しばらく様子を見ていたが、見ていてもどうにもならないので、諦めて就寝。

【9/16】6時台に起きてみると、完璧な台風一過。
晴天で無風。
アンテナは無事だが、同軸がポールにグルグル巻きついていたり、スプレッダーが風下の方向にぐにゃーっと曲がったままだったりして、昨夜の蛸踊りの形跡が。
スプレッダーはグラスファイバーなので、釣竿同様エレメントワイヤーの引っかかりを直せば、曲がりは元に戻る。
やはり大変丈夫なアンテナだ。
ここで撤収しようかとも思ったが、せっかくなのでワッチ。
すると、21MHzでHP0INT/9の信号がいつもより強い。
しかも、いつもは隙間もない猛パイルだが、今日はパイルにはなっていない。
これはコールせねば。
しばらく呼んでいると、「/5」までのフルコールでリターンあり。
その後、HI3LFEも入感。
これは相当弱い。
休憩を挟みつつ呼んでみたが、全然届かなかったのでアンテナを撤収。

夕方高知発、夜帰阪。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/09/17 08:53)

高知市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

ケノーベルからリンクのご案内(2013/09/17 09:02)

壱岐市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR