FC2ブログ

2014/02/09(日)朝の移動結果(第204回) モービル FT5ZM 30m CWも ・ まさかのグレナダ!!!

s-P1080268.jpg
↑ S9がS9で入感!

移動場所: 大阪府泉佐野市(標高3m)
アンテナ: スクリュードライバアンテナ
天候 :  曇り
気温 :  2℃
風速 :  やや強し
CONDX : 
成果 :   


QSOできた局:

10114.9kHz CW FT5ZM (Amsterdam I) Band New
18075.0kHz CW J38XX (Grenada) New


その他聞こえた局:

10142.9kHz RTTY S9TF (Sao Tome & Principe)
14264.0kHz SSB 5I0DX (Tanzania)
3523.0kHz CW FT5ZM (Amsterdam I)
10105.0kHz CW 5I0DX (Tanzania)


昨日朝、30m CWのFT5ZMが強かった。
きっと今日も30mはチャンスだろう。
伝搬予報は大変悪いが、まぁ大丈夫だろうと思って朝のモービル運用に出発。
埋立地は風が強くて寒い。
モービルホイップの接地用アルミパネルが風で飛ばされそうで、設置に一苦労。
この寒い中、多くの釣り人が来ている。

6:35運用開始。
早速10.115を聞くと、FT5ZMが強い強い。
RST579。
UPは空いているが、向こうの受信が苦労しているようで、リターンのペースが遅い。
7分呼んで無事QSO。
これで6バンド目。
最近7MHz CWのアクティビティーが低いようで、もうこれ以上は望めない。

それよりも何よりもS9TFとQSOしたいが、出ているのはRTTY。
一応10.143を聞くと、これまた強い。
リアル599でパーフェクトにデコードできる。
CWだったら良かったのに...

一方、14.264の5I0DXは弱い。
ちょっと呼べない。

3.523のFT5ZMはまあまあの信号強度だが、ノイズが酷くてコピーし辛い。
何度か呼んでみたが、やーめた。

5I0DXが10.105に出てきた。
信号強度はまあまあ。
ちょっと弱いかな。
しばらく呼んでみたが、手ごたえがない。

7:30になったので、ダメ元で18.075のJ38XXを聞いてみる。
ええ?!!!
聞こえる。
埋立地南岸にもかかわらず、J38XXが聞こえる。
早速、ワッチをしながら北岸へ場所移動。
途中何箇所か信号が上がる場所があったが、まずは北岸のいつものポイントへ。
思ったより信号強度は上がらなかったが、コール開始。
UP2.1が空いているのを発見。
コールするごとに少しずつ場所を移動して、強く聞こえる場所を探す。
ちょうど泉佐野市学校給食センターの門の正面で「F/M」とリターン。
もう一度コールするとフルコールでリターンあり。
今まで気合を入れて何度出撃しても、受信すらままならなかったJ3。
特にJ34Jの絶望感は何とも言いようがなかった。
そのJ3がモービルでQSOできるとは!
ちなみにモービルでのカリブ海とのQSOは初めて。
これで、一列に並んだリーワード諸島・ウインドワード諸島のうち、サバからトリニダード・トバゴまでは全エンティティ終了(要はサン・マルタンとサン・バルテルミーが未交信)。
カリブ海はあと7エンティティ残っている。

なお、給食センターの門の前ではまさか八木やバーチカルを建てて運用できないので、今回はモービルならではの成果。

J38XXで気を良くして、他はもうどうでも良くなって、即撤収して帰宅。
酷い伝搬予報とは裏腹に、これ以上ない成果に大満足。

s-P1080275corr.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい運用テクニック、そして素晴らしい成果ですね。
おめでとうございます。

DRLさん、ありがとうございます。

久々に気持ち良い成果が出ました。
DRLさんもGL!

なんと!!
J33聞こえてましたか。
まだ寝ている時間でした。残念。

great!

グレナダおめでとうございます。モービルからのカリブは嬉しいですね~

RDEさん

いやいや、聞こえるはずないと思ってました。
相手側の場所選定も的確だったのでしょう。
JAに好意的な運用にも大感謝です。

AXCさんはよくモービルでカリブ海まで飛ばしておられますが、私自身初めてでしたので、とても嬉しかったです。

グレナダおめでとうございます。
しかもモビホですか!! 当局も励みにしてがんばります。

SAIさん、こんばんは。
ありがとうございます。
J3はもう無理かと半ば諦めぎみの今日この頃でしたが、モビホでリターンがあって耳を疑いました!
SAIさんの幸運をお祈りします。

cong!

J3おめでとうございます!

本当に何が起きるか分かりませんね。
モビホでも何でも、聞こえるときはチャンスを逃さず、出来る限りのことをしないといけませんね。
総合力がモノをいったという気がいたしました。

ELGさん、ありがとうございます。
まあ、当たるも運、外すも運。
まずは運ですね。
自分ではどうしようもない要素です。
J3について言えば運がありましたが、S9について言えば運がありませんでした。
明朝S9狙いで出直そうかと思いましたが、やっぱりやめときますhi
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
646位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
148位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。