FC2ブログ

2014/09/30夜 ~ 2014/10/02朝 RobとのSKED他

RobからQSOのお誘いがあり、9/30の夜にスケジュールを予定。
22時頃を想定して、また近くなったらメールで連絡することとなった。
現地はインターネットが良くないとのことで、頑張って頻繁に接続してメールをチェックしてくれるとのこと。
時間が近付いたのでメールを送るが、返事がない。
18MHzをワッチすると、Robは「CQ NA」の真っ最中。
聞いていると、それから数時間延々「CQ NA」が途切れなかった。
「QRT」と打った後、返信が来るかと思ったが、次は10MHzで「CQ NA」。
こりゃイカン。
翌朝の仕事が早いので、放置して就寝。

朝起きてメールを見ると、1:59にRobから「準備はいいか?」とメールが届いていた。
準備は良くない、爆睡中だった。
そこで、17:00 UTCぐらいが都合良いのか聞くと、1700UTにしようとのこと。
かくして10/1の夜に再チャレンジとなった。
メールを携帯電話に転送設定して、それまで仮眠。
携帯がブルブルなって目が覚めた。
もう2時か。
いや違う、まだ0時45分だ。
「用意ができた」との連絡。
えらい早いな。
「40m聞いてるよ」と返信。
周波数は7009と決まったので聞いていると、「ピー」と聞こえてきて、その「ピー」がだんだん大きくなってくる。
続けて「トトトツー」と聞こえた。
信号はそこそこだが、ノイズレベルが高い。
しかしまあ問題なくQSO完了。
「他に何かいるか?」とメールが来たので、「できれば12m」と返信。
「オープンしてると思うか???」と返ってきたので「わからんが、パスはあるはず」と返す。
やってくれることとなった。
周波数を決めろと言うので、「24.901」と指定。
この時間帯は誰もQRVしていないので静まり返っている。
聞いているとすぐに「トトトツー」が聞こえてきた。
あらためてCrankIRの手軽さに感心。
こちらも「トトトツー」と打つと、いきなり「JL3LSF DE VK9AN UR 599 BK」と返ってきた。
ほらちゃんとパスがあった。
信号はFB Sigsだった。
Robは続けてVE7の局を呼び出していた。
何とかQSOできているようだった。

VK9ANとはこれで5バンド2モード6QSOとなり、これでVK9Xは18MHzを除く3.5~50MHzまでをWKD。
Robには18MHzも頼もうか迷ったが、あまり根こそぎやるのもどうかと思ったので自粛した次第。

朝起きると、Robは14MHz CWに出ていた。
信号は強い。
コールすると、QSOできた。
7QSO目。
たくさんQSOしてくれたRobに感謝。
VK9ANは今朝でQRTとなり、夕方の飛行機でオーストラルに向かうとのこと。
オーストラルではのんびり80mと40mをやりたいとのことだが、ちょっとJAからは無理ではないか???

9/30 2153J 14260.0kHz SSB YB8RW/P (OC-213) 間違って基部接地型でQSO 80W
9/30 2356J 7007.0kHz CW C21GC (Nauru) 基部接地型160W
10/2 0057J 7009.0kHz CW VK9AN (Christmas I) Band New 基部接地型 200W
10/2 0120J 24901.0kHz CW VK9AN (Christmas I) Band New 225deg 150W
10/2 0649J 14023.0kHz CW VK9AN (Christmas I) 225deg 130W
10/2 0653J 21030.0kHz CW W1AW/6 (CA) 45deg 160W

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
49位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。