FC2ブログ

2014/10/25昼間 CQWW DX SSB コンディション回復

早朝酷いコンディションだったが、やはり地域差が大きかったようで、北の方の皆さんのブログでは“非常に良い”という印象。

連合子ども会の運動会から帰って10時過ぎにワッチすると、色々と聞こえるようになっている。
18.074MHzではW1AW/8が入感。
QSOはできたが、昨夜の14MHz同様に信号がふわふわして、極端に言うと全部短点に聞こえるので、コールを正しくコピーしてくれたかどうか不安がある。
ただ、呼ぶ局は他になく延々CQ空振り状態なので、しつこく確認しても良かったかも知れない。

CONDXが回復したとは言え、安定はしない。
21.348MHzのTO2A (French Guiana)は聞こえない。

24.894MHzのTX7Gを呼ぶが、全然ピックアップしてくれない。
昨日XYLが骨折したので、洗濯物を干したり、ピザを受け取りに行ったり、何やかんやしながら呼ぶのでコンテストなのに1局も全然QSOできない。

昼を過ぎて、朝聞こえなかった21.348MHzのTO2Aが聞こえてきた。
信号は大変弱いが、呼ぶ局が非常に少ないのでQSOできた(と思う)。

次は21.289MHzのZD8WとQSO。
QSO終了後、信号が強くなった。
こういうことが最近よくある。

28MHzを聞くと、CONDXが非常に良い。
28.480MHzでLZ1NGが延々CQ空振り。
28MHzのLZは未交信なのでコール。

午後後半のCONDXも良い。
14.224MHzではPJ4Xが入感。
信号は弱いがはっきり聞こえる。
しかも誰も呼んでいない。
ATUを調整している間に何局かがコールし始めた。
しばらく様子を見てから、高野さんのQSO直後にコールするとリターンあり。
こんな午後4時頃にカリブ海とQSOしたのは初めて。

14.161MHzのKP2Mは弱すぎて無理だった。

28.525MHzのEA9KBは超強力。
しかしJAのパイルに勝てない。
ちょっと外出して戻ると、今度はEuのパイル。
益々厳しい。
いくら呼んでもダメ。
そのうち呼ぶ局も少なくなったが、信号も低下してしまって届かない。
遂に「Japan Lima Three」でリターンがあったが、JR3Rのクソボケに横取りされてしまった。
それからも呼んだが、結局QSOできなかった。

14.025MHzにZK3Eが出てきた。
何度か周波数を変えてコールするとQSOできたが、このOP、当局のコールサインが上手く打てない。
何度打ち直しても打てない。
符号にすらなっていない。
「J」まで打てなくなる始末。
他の局のコールは打てるのになぜ??????????
こちらもQRSで再確認すると、最終的には何とか正しく打ってくれた。
バンドニュー。

EA9KBと並んでFBに入感していたモロッコ勢。
28.145MHzのCN2Rと、28.495MHzのCN3Aを交互に呼ぶ。
これまた呼んでも呼んでも反応はないが、最終的には何とかCN2Rのリターンを得ることができた。

VK9Xは18MHzが未交信。
RobともQSOできなかったし、VK9XSPもなぜか18MHzだけなかなか出てくれない。
しかし今日ようやく18.085MHzに出てきた。
どこを拾っているかわからないが、適当な周波数に合わせてコールすると、一発でリターンあり。

10/25 1032J 18074.0kHz CW W1AW/8 (WV) 35deg 180W
10/25 1244J 21348.0kHz SSB TO2A (French Guiana) 17deg 140W
10/25 1316J 21288.8kHz SSB ZD8W (Ascension) 315deg 140W
10/25 1348J 28480.0kHz SSB LZ1NG (Bulgaria) Band New 315deg 130W
10/25 1558J 14224.0kHz SSB PJ4X (Bonaire) 35deg 150W
10/25 1719J 14025.0kHz CW ZK3E (Tokelau) Band New 130deg 160W
10/25 1807J 28415.1kHz SSB CN2R (Morocco) Band New 310deg 125W
10/25 1813J 18084.9kHz CW VK9XSP (Christmas I) Band New 225deg 180W
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

WW.

こんにちは。
 こちらは、HFはもう駆け出しなので、28MHzなんか50個ほどしかやっていません。
このたびのWWは、本当につまみ食いでした。

CE2LS、ZD8X(ロングパス)ZK3E、A71CO、S79K、EA9KB、SN5V、C4Z、F4EGZ(Fすらなかったのです。)、PJ4DX(PJ4Xは、W本土からのパイルでダメ。)YS1/NP3J、FY5FYなど。

しかしJA指定なのに、どんどんNAやSAなんかが呼んでくるのと、CNなんかはやっぱりEuの壁が厚いです。JAでも東日本の壁が厚い。

 地域の運動会、大変ですね。あれは色々な人が絡んでくるので子どもたちだけの会ではないですね。午後からはうちはおいぬ様を遊びに連れて行っていました。

土曜日の朝から昼過ぎまでがこちらでは抜群のコンディションでしたね。

こんばんは。
奥様の具合はいかがですか?
骨折は安静が1番です。
お大事に。

Tottiのpapaさん、お久しぶりです。

おっしゃる通り、色んな壁に阻まれて思うようにQSOできませんね。
QSBで浮き上がってきて、「よし、次はいける」と思った瞬間にWが呼んできますね。
一生懸命呼んでいるのを尻目に8エリアなんかが軽く掻っ攫って行きますし。

運動会については、今年はまだましですが、来年は役が回ってくるので大変そうです。

今秋はなかなかCONDXがよくなりませんでしたが、WWに合わせて一気に上昇した感じでしたね。

RDEさん、ありがとうございます。
足首の骨折です。
本人は、寝ているか家の中で松葉杖で歩いているかの生活ですが、2階に上がれないし、家事の半分ぐらいはできないので、大変なのは私の方ですわhi

GA!
ご無沙汰しております、名前が出てました高野ですhi

PJ4、誰も呼ばなくなるまで待ちまして、空くのを待ってコール開始しましたが、引っかけてくれたものの、ここからがなかなかフルコール取って貰えず、この後気が付かれた、お待ちされていたみなさんにご迷惑おかけしたかと思いますhi

カリブ方向には100mも離れていないところマンションが林立してるので、もっとも苦手なエンティティになります‥そんななかでのカリブはやはり格別の嬉しさがありますhi

10mは聞こえていたものの逃しましたが、月曜朝に15mで、こちらもなかなかフルコール取って貰えませんでしたが、20mに引き続き、なんとかwkd出来ましたhi





高野さん、こんばんは。
失礼いたしました。
そうですか、カリブ海方向にマンションが林立とは辛いですね。
何と言ってもやはりQSOしにくいカリブ海は、どのエンティティでもQSOできると嬉しいですね。
GL!
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2021年、開局37周年

アンテナ
 (1)地上高14m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)
 (4)Shunt Fed Tower (for 160m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在) 最大空中線電力50kW
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

*2020年12月、1.8MHzタワードライブアンテナ運用開始。ATUで1.9MHzも使用可。随時改修。これにより160mのFT8にQRV可能に。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
66位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測って「そろそろ上陸かな」と推測するのはコレ。