FC2ブログ

2014/11/05夜 ・ 2014/11/06 W1AW/7 (WA)

11/5夜、18.130MHzのFT4TAが聞こえる。
UP5から25と言っていて、Euばかり拾っている。
しかしUPの周波数では何も聞こえず、パイルの状況は不明。

3.798MHzではW1AW/7 (WA)が聞こえるが弱い。
アンテナの設定を間違えていて、何度かやり直しに庭に出る。
もうボケていて、何度やり直しても何か間違えている。
面倒なのでコールするのはやめ。

3.507MHzのW1AW/KH8も弱い。

21.260MHzではVU4CBが出ている。

14.040MHzのVU4CBは強力でS5で入感。
これもFT4TAを真似てかUP15とかで拾っている。
こういうのは真似ない方が良いと言ってやりたい。
そして、呼んでも呼んでもEuしか拾わないので断念。

11/6朝
3.523MHzのFT4TAが弱い。
前日と大違い。

18.087MHzにはW1AW/7 (WA)が出ている。
最初は弱かったが、段々と信号強度が上がってきてQSOできた。
そしてまた、例によってQSO終了後に信号強度上昇。

一方、28.035MHzのW1AW/7 (WA)は弱い。

21.035MHzのW1AW/7はFB sigs。
すぐにQSOできた。

24.895MHzではP4/KG9Nが聞こえているが。
信号はまだ弱い。
もう少し時間が経てば強くなるだろうが、呼んでみてもちょっと無理。

今日は出勤時間が早いためこれにて電源断。

11/6夜
NHK総合テレビのバーニングマンフェスティバルを見てからワッチ。
1.816MHzでHL1LUAが、21MHz CWで9M2が聞こえるだけ。
21.285MHのFT4TAはカスカス。
それだけ。

11/6 0633J 18086.5kHz CW W1AW/7 (WA) 45deg 150W
11/6 0709J 21035.0kHz CW W1AW/7 (WA) 45deg 125W
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

スーパーの裏のどくろな日々?

本当にFT4TAは、「ロシアンルーレット」のようですね。

広がって呼ぶのは、相手はとりやすいかも知れませんが、「傾向と対策」が判りません。

こちらは、周波数動きながら、あるいはじっとして何時間も何もかも忘れて呼ばないといけません。

しまい目には幻聴が聞こえて、「こらあかん。」と離脱しました。

W!AW/KH8が、あおりで割と簡単にできるので、正式には「どくろ」でないかも知れません。

 VU4は春先の運用の21MHzでcfmしているのでいいです。このopもその時Euの数々の
注文で怒っていたのですがね。

 タイトルは、家のたった20m後ろにアンテナより高いマックスバリュがあるのです。
台風の時などは風から守ってくれますが、聞こえない要因にもなります。Hi。

ONXさん
そんなに近いところにマックスバリュがあるんですか。
それこそドクロですね。
買い物は楽かも知れませんが。
トップバリュ製品ばかりもアレではありますが。
パイルはあそこまで広がると、拾っている周波数を探すのが困難で疲れますね。
何せ御本尊がリターンを返そうが599を送ろうがお構いなしに常時呼び続ける輩が25kHzの間の大量にいる訳ですから。
嫌がらせでしょうかね。

 新幹線に乗って博多から新大阪に戻ってくると、左手にマックスバリュ(かつてはダイエーでした。)のでっかい建物が見えます。あのすぐ手前です。
 その中にある「何かの施設」から50MHzに、もろノイズがあり、北西方向はS7つ常時振っています。だからHFに来ました。 確かに買い物には便利ですし、うちのワン公もそこにあったペットショップから迎えたのです。
出口からアンテナが見えたので、「誰だろう?」とわざわざ見に来たOMさんもいましたね。

 他にも太陽光発電があちこちにあってバンドにも寄りますが、SSBは壊滅な事も多いです。
うちの「2素子なアンテナ」はlSF局がかつて迎撃で使っていたアンテナ(買い求めるに当たって参考にさせて戴きました。)ですが、問題のWARCはクリエイトのVダイポールです。

 ブログはありますが、「スーパー裏のバンザイな日々」に替えてもいいかも知れません。

それにしてもFT4TAは半日でいいから「アジア、オセアニアの日」を作って欲しいです。

大きなスーパーからは、色々漏れ出ていそうですね。
私も太陽光発電所員兼務ですが、太陽光のパワコンからは不要ふく射が出ますね。
それから、あの2素子は意外にいけるのが20mです。
今はタワー工事を手伝ってくれたRDE局に譲渡して使ってもらっています。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
49位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。