FC2ブログ

2014/11/07 FT4TA 18MHz CW

FT4TAについては、夜の20時台や21時台に18MHzのパスが良好なのがわかっていた。
しかし、この時間にはなかなかビームを向けてくれなかった。
夕食後に腰痛を我慢して食器洗いをしてから18.079MHzをワッチすると、今夜はスパイダービームをJAに向けてくれているようで、FBに入感している。
最初、いつもの調子でUP10ぐらいで呼んでみたが、ちょっと様子がおかしい。
よく聞いてみると、UP1より少し上で拾っているではないか。
そこでUP1.8ぐらいで呼んでみるが、反応がない。
10回以上呼んでもなお無反応。
これはUPの周波数を探っているに違いない。
一気に上の方を聞くと、UP4.5より上で呼んでいる局がいない。
そこでUP5.38でコールすると、フルコールでリターンあり!
前回の24MHzは幸運にもノーパイルだったので、パイルアップでもQSOしたかったが、ようやくそれが叶った。
もう十分満足。
もういいわ。

11/7 2132J 18079.0kHz CW FT4TA (Tromelin I) 255deg 160W
11/7 2300J 50550.0kHz AM JA3XQO/3 (高槻市) 30deg 20W 南大阪A3ロールコール50MHzの部追加チェックイン
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます。

週はじめにしか実家に居なかったので、突破できる香りがしませんでした。なので早々にアホらしくなってヤンペしてしまいました。hi

jyeさん、おはようございます。
それは残念でした。
こんなん言ったらアレですが、ここ数年で最も悪い大規模ペディションでした。

おめでとうございます。

18MHzwkdおめでとうございます。

 やはり1つの国(とその地域)の人が行くと、やり方がこちらと全く違うのでしょうね。

少なくともFT5ZMとは全く違います。

これがすぐupされたり、SSBだったらものすごいことだったでしょう。

木曜日だったか水曜日はup25KHzでパイルの渦でした。皆さんスキャッターで良く聞こえていましたね。

おお、これはおめでとうございます。
昨夜はいつもより少し帰る時間が遅かったので、私がワッチを始めたときにはもう18Mにはいませんでした。

DXworldの記事を読むと、ようやく「ATNO(all time new one)に注力する」みたいなことを言い始めましたね。

私がパイロットのJR4OZRさんにメールしたときに「日本時間夜の14~21あたりが良好なので、そこで毎日運用してほしい」ということを書いたのですが、他にもそういうことを言う人がいて、ある程度聞き入れられたんでしょうかね・・・。聞いてもらったと信じて、私はもうしばらくがんばります。

ONXさん、ありがとうございます。
そうですね。
まあ気持ちはわからんでもないですが、ここまでの注目ペディションでそれはやったらアカンことですね。

ELGさん
そうでしたか、それは残念でした。
今日が勝負ですね。
未交信の局を優先する配慮が望まれますね。
GL!

スーパー裏のバンザイな日々?

うーん、ここへ来て、アンテナをバンザイ+HB-18/21からバンザイ+トライバンダー(HB-32SX)に替えたのが裏目だったかも。

 でも、いくつか、28SSBでWWコンテストで出来たりしたので、何とも言えませんね。「バンザイ」も何とか機能しているようです。

 今後は14,18MHzが勝負でしょうか。
UTCの月曜日の01時頃までやってくれるような事書いていますが、読み違い?


急に寒くなって来ましたね。また何か呑んだりすると幻聴が?(笑)

A3RC

キー局の運用場所が変わったのは、ご存じでしたでしょうか。

尼崎>西宮市の甲山>高槻市と変わりました。高槻市は南大阪ではないですが。

「昭和から平成まで生き残る。」どころか、お仕事をご卒業されても、まだ元気でやっています。

 もともとはDXの交信もする方(私がすべてのバンドでDX始めたきっかけは、50MHzでWの入感をこの人が教えてくれた事です。)で、冗談かも知れませんが、かつて「卒業」したら、先祖伝来の土地である6エリアへ移り住んで、タワー建ててとか言っていたので、まだこちらに残ってくれているのはうれしいことです。

FT4TAの50MHzでの入感のニュースも喜んでいました。

ONXさん
アンテナも何が良いかは結局のところわかりません。
一喜一憂ではないでしょうか。
あまり何かを飲み過ぎないようにして頑張って呼んでください。
そう思って私もしょうが湯を買ってきました。
というより、“何か”が飲めませんhi

A3RCは数年前に一度チェックインしたことがあって、そのとき既に高槻ではなかったかと思います。
「またチェックインします」と言ってから何年経ったことやら。
あの人も南大阪から離れて久しいですね。
ローカル局が昔、あの人の開局当初(?)のビンテージなQSLを持っていました。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2021年、開局37周年

アンテナ
 (1)地上高14m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)
 (4)Shunt Fed Tower (for 160m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在) 最大空中線電力50kW
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

*2020年12月、1.8MHzタワードライブアンテナ運用開始。ATUで1.9MHzも使用可。随時改修。これにより160mのFT8にQRV可能に。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
123位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測って「そろそろ上陸かな」と推測するのはコレ。