FC2ブログ

I0 80m

6:30頃からワッチ。
3.504MHzでOK2RZがCQを出している。
呼ぶ用意をしている間にCQ NAに変わってしまった。
指向性まで変えられて弱くなってしまった。

VFOを動かすと、さっきまでクリアーだった3.503MHzでJAの局がコールを繰り返している。
聞いていると、I0/S53Rが繰り返し相手のサフィックスを聞き返しているところだった。
I0がサルディニアかどうかは定かでないが、先のJAとのQSOが終わったのでコール。
しかしコールする局が複数いる。
ハイパワーの局から順にピックアップされる感じ。
いつ順番が回ってくるかなあ、と考えているうちにパイルに発展。
諦めようかどうしようか考えながらもコールしていると、7時過ぎにQSOできた。

朝の3.5MHzにのめり込むと、連日寂しい結果になりそうだ。
そういう訳でハイバンドにQSY。

18.155MHzではFM/F9IEが強力に聞こえている。
呼んでも呼んでも届かない。

そうこうしていると「LSFさん回り込んでるよ」と指摘された。
あちゃー!
道理でアカンはず。
早速、別のリグを引っ張り出してモニターすると、確かに音声がおかしい。
ただ、これは回り込みとは違う。
何か聞き覚えがある。
急遽、リグのマイク端子に重畳されている電圧をカットするためのコンデンサを交換。
音声信号レベルやイコライザも再調整。
最終的には今までOFFにしていたリグのコンプレッサーをONにして、マイクゲインを15まで絞って、以前よりも良い音になり、パワーも出るようになった。
ご指摘ありがとうございました。
聞いたことがある声だと思ったけど、どなただろう?

1/8 0706J 3503.0kHz CW I0/S53R (Italy) Band New 基部接地型 170W


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

I0/S53R

この人は、あちこちいっている方のようではようですね。

1A0からも出ているみたいです。
LoTWには対応していますね。

サルジニアは、IS0とかIT0とかなのでどうでしょうか。

7MHzSSBでは、2エリアのぐだぐだが聞こえています。

 以前9でQSOパーティで山から50MHzで出ていた時、横に同じ町の局がやってきて、件のことをやり出しまして、
「変やん。」と言ったら、「これがしきたりで効率が上がる。」と言われました。

 おばちゃん局が他の周波数にいっている間に別の局がリストで出てきて、「やらせてくれ。」とわめき回るし、リストで回している間に次の局が落ちて聞こえなくなってしまうし、雑誌とかで取り上げないんでしょうかね。音もむちゃくちゃですよ。

外国にも「強力」に聞こえていると思いますが。

I0はローマのようですね。
ということで、バンドニューでも何でもありませんでした。
残念。
それにしては皆さん呼び過ぎです。

40m SSBのオジサン方はそんな信念でやってるんですね。
そもそも、サフィックスだけではコールサインではないので、電波法違反ですね。
しきたりだろうが、効率だろうが、ダメですね。
違法です。
これだけで即刻やめるべき理由として十分ですよね。

訂正:3.5MHzのIはバンドニューでした。

3.5

 Iとか、色々な本でCランクの所(JAも含めて)100を追いかけている人でも「千里の旅の一里塚」です。
 24MHzで250近くやっていて、「VKをcfmしていない。」という人もいますね。ローバンドは、HF通信入門書では、7MHzは「100WCWであちこちと出来る。」とあります。

実際WWのHK1NAは、OKでしたが、普段の時はどうでしょう。
 やっぱり最小で移動用の10mポールにせめて逆Vで水辺の近くに行かないとWACもダメでしょうか。

 7MHzの195当たりのAM通信のの周波数もたまに聞いていますが、時々SSBのdownでコールさせる周波数に当たっていて、「ごわーーーん」とただならぬ音で聞こえます。

 これだけ呼ぶのもチャレンジDXCCが少なからず影響しているのではないかと思いますね。

 50MHzにも聞いたことのない方が、ごわーーんと突然出てきては、FT4TAなど「559」を送ってログサーチは?と言うこともあります。

ONXさん
そうですね、ローバンドやWARCバンドでは意外な所が未交信ということがありますね。
そういう所は14や21MHzで散々QSOしていて珍しくも何ともないので、後年新たにQRVしたバンドでついついQSOするのを忘れているケースが多いでしょうか。
私もHLが未交信のバンドがあります。
7MHzは5mの釣竿で10mのワイヤーを折り曲げで張れば、50Wで住宅街でも、AS、Ocはもちろん、Eu、NA、SAの5大陸は大丈夫ですが、Afはできる気がしません。

最近は、6mマンではない局が、タワーにでっかいHFアンテナを上げるついでに、でっかい6mのアンテナも上げて、ここぞという時だけ出てくるようで、違和感があります。
6mの伝搬も良く知らない人もいるように思います。

50MHzDX

50MHzDXいますねえ。
 人の上から被せて呼び倒し、出来るまで呼ぶ人(ご近所にもいます)。

 多分、南大阪だと思うのですが、西アジアの局が盛んにSSBでグリッドロケーターを聞いているのに判らない(これは向こうも悪いです。カードで判るのに。)人、これで5分くらい貴重な時間を費やしました。

 GがEスポで入った時、同じ日に3度やった人もいます。「あれ?さっきやったのに?」という感じです。聞こえていない?

 「「どかっ」と1回か2回で呼んでやってしまえば他の局に迷惑を掛けない。」というのが思惑のようですが、他の局だって負けていませんからね。

なんか年々エスカレートしているように思います。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
49位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。