FC2ブログ

2015/01/22 7MHz EP6T撃沈

5:55、7.013MHzのEP6TがS7で良く聞こえている。
QSOできそうな錯覚により、1時間半呼んでみたが全然手応えがない。
同じ周波数で呼んでいる局がピックアップされるので、こういうときは無理だ。
朝食後、8時に再度聞いてみるとまだS7で聞こえている。
UPの様子を聞くと、呼ぶ気が失せた。

18.082MHzでは、これまた喉から手が出るFJ/N9SWが弱く聞こえている。
ちょっと呼んでみたが、弱くなってしまい断念。

21.028MHzのJ79SBも弱い。

今朝はボウズ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

私も

私も撃沈です。
7013のEP6T、同じ周波数にいるジャマーより強い信号で聞こえていましたが、QSOならず。
一発でコピーすることは殆どなく、随分受信で苦労しているように見えました。

21028のJ79SBもバーチカルでも十分聞こえる強さで聞こえてましたがこれも撃沈。
18082のFJは私のところでは何も聞こえません。

午前中休みを取ったのに、成果なしです。

ELGさん、おはようございます。
うわー、それは残念ですね。
気持ち良いぐらいFBに聞こえていましたが、リターンが返ってくるのに時間がかかりますね。
今朝も大した局数はできていないのではないでしょうか。
あの調子じゃまだまだ順番は回って来ないように思いました。
引き続きGL!

EP6T 18.24MHz

 午後から18CWと、24SSBを聞いていますが、本当にどうして平日こんなに呼べるのか?と言うようなパイルです。
 18MHzは5kup広がっています。24MHzは、upはごわんごわん言っています。

 どう見ても、「1つでもいいから。」という感じには見えず、「1つでも多くのモード、バンド」の方々ばかりのように見えます。

 聞いていると、向こうもCWでもコールのかけらをとって、2,3回やりとりする、これがまたピックアップされた幸運なJAがなかなか応答しません。
 「1交信やったら配慮して同じ日には呼ぶな。」位やらないと、FT4TAではないですが、「積み残し」が一杯でそうな感じです。

 一方7MHz国内SSBでは、「民謡アワード(ポイントカードがその局の地元の曲では必ずしもないようです。)」とかで、同じ周波数に「同士」が何局もいて、お客さんを1人捌くのに何分もかかっています。どちらもサービスするなら効率よくして欲しいです。

 時々周波数離れていた同士が初めてでもないのに「その局とやりたい!」とか舞い上がってブレーク掛けてきたりして、こちらの方が聞いているだけならおもしろいかも知れません。

ONXさん
そうですか。
そんなにごわんごわん鳴ってますか。
どうしようかなぁ。
作戦を考えても無駄に終わるような悪寒がしますね。

EP6T私も撃沈です。今回はあきらめモードに入っています。
40mは良い信号なんですけどね。ハイバンドは弱めですね。

DRLさん、こんばんは。
最近は目玉なペディションはこういう傾向にありますね。
面白くありません。
コンディションが良くないので、皆さん良く聞こえるバンドに集中して余計に難しくなっているのでしょうか。
これから次のサイクルの上昇期まではずっとこうなのかなと、嫌なことが想像されます。
ナヴァッサも心配です。
不本意ではありますが、ちょっと対策を考えてみます。

EP6T

「dxworld」には、「10日の間で皆さんの要求を満たすことはとても出来ない。」旨のことが書かれていましたね。

 FT5ZM位の期間にすれば皆さん、もっとゆとりを持って臨めるのでしょうが、費用が倍くらいになるのでしょう。

 一方で、24MHzCWのOPが、余りにもUAの局がJA指定にもかかわらず、執拗に呼んできたのか「UA***おまえじゃない!」みたいな事を打っていました。

 そういう毅然とした態度は当然ですが、持って欲しいですね。

 これまではJA指定でUAが呼んできてやっていた時もありましたが、余りにひどいので切れたのでしょう。
またあるかも知れないEPでこれですから、ナバサだったら本当にどうなるか想像もつきません。

ONXさん
毅然とやっていただきたいと思いますね。
その分腹いせのじゃまーが増えたりして?
今朝は、もうどうせ見込みがないし、EPのQSLは持っているので早起きはやめました。
7MHzはCWではなくSSBだったようで、寝ていて正解でした。
8時台にハイバンドを聞くと、Wと近場しか聞こえませんでした。
ナヴァッサも同じように終始ごわんごわんで終わるんじゃないかと思っています。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2021年、開局37周年

アンテナ
 (1)地上高14m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)
 (4)Shunt Fed Tower (for 160m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在) 最大空中線電力50kW
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

*2020年12月、1.8MHzタワードライブアンテナ運用開始。ATUで1.9MHzも使用可。随時改修。これにより160mのFT8にQRV可能に。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
123位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測って「そろそろ上陸かな」と推測するのはコレ。