A = 100 !!!

終わってる。
CMEの影響で、太陽風が猛烈に乱れて磁気嵐が発達中。
このため今のところ聞こえるのは7MHzでJAが4局。
その他は1.8から50MHzまで何も聞こえない。

solarvhf20150318.gif

今日オーロラ観光に行った人がいれば、何とラッキーな人だろう。
天気は知らんが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

RE A=100

朝、レポートが何も上がっていなくて、7MHzSSBが何か出ていないか聞いたところ、しーーんでした。

 いつもなら「4点セットーー」とか、「お世話になりますう。」が聞こえるのですが、これは尋常ではないと思いましたねえ。

 フレアが発生すると、数日後VHFのコンディションが良くなる(国内だけでしょうか。)のですが、磁気嵐はどうなんでしょうか?

 しかし縦のパスというか、アフリカとヨーロッパのパスは相変わらずいいみたいですね。

 日本でも、歴史的な文献を見ると、「空が赤っぽい」等という記述が見られるようです。
 中緯度のオーロラは、高緯度のそれよりは余り派手ではないようです。

ONXさん
今朝は異常でしたね。
1日中クラスターは寂しかったですね。
周期的なCMEですから、28日前からのCONDXを思い出せばだいたい傾向がわかるはずです。

あ、そうそう。
やはり北海道でオーロラが出たそうで。
こりゃ出ますわな。
Aインデクスどんどん上昇ちう。
現在117!

それでも

朝、7QAAが10MHzCWで聞こえてきたんです。

 21MHzのVP2Mご一行はかすかすでした。東の方ではやはり

聞こえているみたいです。

 オーロラは、過去の記録では、新潟県でも見えたとか、山火事と間違えて
消防車が出たとか言う記録もあるようです。

ONXさん

それは凄いですね。
うちでは今朝のVP2MPAは聞こえませんでした。
明日も出勤時間が早いし、土曜日も仕事ですが、コンディションが悪くてちょうど良かったです。

49誌を読んでいて、P163の本文最終行と、関東の入感状況を以てJA全体を表現している白黒ページの記事を読んで、反吐が出てきました。
げろげろー
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR