FC2ブログ

2011/12/07(水)朝の移動結果(只今28勝29敗) コンディション悪い 運も悪い

Kishiwada111207.jpg


移動場所: 大阪府岸和田市(標高725m)
アンテナ: 2ele HB9CV + マニュアルアンテナチューナー、スクリュードライバーアンテナ
CONDX : 
成果 :  

QSOできた局:

 21022.0kHz CW VP2ETN (Anguilla:アンギラ)
 21005.8kHz CW VP5/W5CW (Turks & Caicos Is:タークス・カイコス諸島)
 14021.0kHz CW VP2ETN (Anguilla:アンギラ)
 21005.1kHz CW CO8LY (Cuba:キューバ共和国)


その他聞こえた局:

  7014.0kHz CW IQ2CJ (Italy)
  3504.0kHz CW EU*** (Belarus)
  3502.2kHz CW LZ2R (Bulgaria)
  3505.1kHz CW IK2CIO (Italy)
  3507.8kHz CW YL2KO (Latvia)
 21020.8kHz CW N4RIM (USA)
 24901.2kHz CW PJ2/PA0VDV (Curacao)
 28455.0kHz SSB PJ2/N4RV (Curacao)
 21004.0kHz CW DV1UD (Philippines)
 21286.0kHz SSB YS1/HB9KNA (El Salvadore)
 14010.0kHz CW AE7PG (USA)
 14059.7kHz CW N4** (USA)
 21020.1kHz CW VA7QB (Canada)
 21019.0kHz CW PY5KC (Brazil)
 24900.0kHz CW KL7J? (Alaska)
 28031.2kHz CW N7OG (USA)
 24897.0kHz CW W6S** (USA)
 14047.5kHz CW W1AW (ARRL, QST)
 14015.2kHz CW YV5DTJ (Venezuela)
 10105.0kHz CW LZ1QI (Bulgaria)
 14018.5kHz CW W7CUI (USA)
 21021.0kHz CW V85SS (Brunei Darussalam)


休日出勤の代休のため、今日も早朝から移動運用。
今日の狙いはVP2ETNとPJ2とFS、YS、V2...
前日からの入感状況をクラスタで見る限り、期待が持てそう。
SSNも185まで回復している。

モービルホイップ(スクリュードライバーアンテナ)を購入したので、いつものHB9CVはもちろん、モービルホイップも車の屋根にセット。
インターネットで、使用している人の感想を読むと、アップ・ダウンスイッチのひっかっかりを指摘する声が多い。
それがダブルスローの跳ね返りシーソースイッチに変更されており、改善がみられる。
しかしどっちを押せばアップかダウンか、わかりにくい。
また、これも多くの人が指摘していることだが、共振点はワンポイントしかなく、すぐ通り過ぎてしまうので、調整は慣れが必要。
しかし高いなぁ。値段が。HB9CVより高かった。

6:00運用開始、まずはモービルホイップでローバンドをワッチ。
3.5MHzも7MHzもヨーロッパが入感しているが、弱い。
少し呼んでみるが、「?」しか返って来ない。
諦めて上の周波数へ。

上の周波数は何も聞こえない。
HB9CVが壊れたかと思ったが、見た感じ問題なさそう。
もう一度ハイバンドをスイープするが、やはり何も聞こえない。
これは、今日は相当コンディションが悪いようだ。

7:00になって、ようやく何か聞こえてきた。
24MHz CWでPJ2/PA0VDVが聞こえるが、弱すぎる。
28MHzではSSBでPJ2/N4RVが聞こえる。
これも弱いが、しっかり、はっきり聞こえているので呼んでみる。
一時の酷いパイルはもうなくなり、オンフレでさばいている。
ただ残念ながら、今日も常連の呼び倒し局は元気だ。JR2某、JH3某、JR3某...
すぐにエリア指定になったが、なぜか4エリアから始まり、5→6→7→8→9→1→Any JA→2。
次はいよいよ3か!
っと思ったらエリア指定が終わってしまった。
結局3エリアは指定してくれず、ガッカリ。
しかも、例の常連呼び倒し局が次々とピックアップされ、超うんざり。
しかも呼び倒し局は、自分へのリターンにすぐ反応しないもんだから、「ちゃんと聞けや!」とヤジが入る。
7:30になると、ご本尊は急激に聞こえなくなってしまった。
あーあ、今日も逃してしまった。

ほどなくして、21MHz CWでアンギラ島のVP2ETNが入感。
信号は弱く、Sメーターは振っていない。
アンテナ方向がいい加減なためか、リターンがない。
やはりズボラはいけない。
方向調整をすると少し強くなったが、Sメーターが振る程にはならない。
しかし空き周波数でコールするとすぐにリターンがあった。

21MHz SSBのエルサルバドルは弱くて呼べない。
ホンジュラスはいつも強いのに、エルサルバドルはなぜいつも弱い?

引き続きワッチしていると、21MHz CWでタークス・カイコス諸島のお馴染みVP5/W5CWの空振りCQを受信。
誰も呼ばないので、呼んでQSO。
DaveはQSLに「またいついつから行くから呼んでくれ」などと長文のメモを入れてくれるものの、「簡単に呼んでくれって言うけど、ピックアップしてくれよ」と思っていたが、この場所からは簡単にQSOできる。

以降また目ぼしい局が見つからない。
CONDXが悪い。
クラスタに載っている24MHzのPJ2/PA0VDVは、欠片もかすらない。

30分ぐらい、ぐるぐる、ぐるぐる回していると、VP2ETNが14MHzにQSYしてきたのを確認。
空き周波数を何度か移動しながら呼んでいると、ほどなくしてリターンあり。
「TU AGN 599 TU」

しかしまた、目ぼしいところが見つからず、ひたすらぐるぐる。
14.0475MHzでW1AWのQSTがRST539で聞こえている。
意外に、これを聞いたのは初めてかも知れない。

9:00を過ぎて、21MHz CWでCO8LYのCQを発見。
誰も呼んでいない。
チェックすると、意外に21MHzのキューバは未交信だったため、呼んでQSO。

以降10:00までワッチするも、やはり無駄。
CONDXが悪くてもカリブ海とQSOできるこのポイントは素晴らしいが、もっともっと期待して行っただけにがっかり。
それでも、VP2ETNと2バンドでQSOできて良かった。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

朝早くからご苦労さんです。
ハイバンド、うちだけかな?0600J台は何にも聞こえません。
日が暮れると少しずつフェードアウトしていきます。

呼び倒しの常連ですか。3エリアは大体あいつやな?と見当がつきますわ。
羞恥心のかけらもないような奴らですから、治りませんわ。

VP2はうらやましい限りで。かけらも聞いたことありません。
朝が弱いし、大パイルでカリブは数えるほどしかできてません。
YVも尻切れで完全QSOはまだです。
こんなもんやとあきらめてますわ。
本日も新大阪でクラスターを見ながら指をくわえているだけでした。

Re: タイトルなし

お疲れさまです。

コンディションが良くなると、ショボこいANTでもバンバン聞こえるのかと思ってましたが、それは立派なANTの局だけに当てはまることであって、そうでない局にはいくらコンディションが良くなっても関係のないことだと初めて知りましたhi。
だから朝ハイバンドが聞こえないのは、普通のことですよ。多分。
6:00台は山の上でもまだまだ聞こえず、7:00をまわってようやく聞こえ出す感じですね。

電波法で呼び倒しを禁止して欲しいですわ。
あと、今まで散々PJ2とQSOしてるのに、この期に及んでまだQSOしようとする某ビッグガンも迷惑で。

カリブ海は、ようやくまあまあQSOできてきましたが、その分アフリカが苦手でして、RDEさんが夕方楽々QSOしている所がなかなか聞こえません。
まぁ、こんなもんですねぇ。

いや、ほんまですね。
QSOしているはずの局でもパイルに参加する局。
多いですわ。もうええやろと言いたいです。
ちょっと前のPJ7JなんかもPJ7がない局に呼んでくださいと
QSPしていましたが、そんなもんくそ食らえ状態でしたね。

アフリカはそんなに楽ではないですよ。たまたまCQの始めか、パイルの終わった時に出来たもんです。おこぼれ頂いた。そんなもんですわ。

マナーの悪いのは大概JA、JH、JRの古いコールサインが多いですな。
電車の中でも優先座席で携帯電話をいじっているじじいがおおいですもん。
今の若いもんはと違って、今のじじいはです。

移動お疲れ様でした。
最近朝のカリブ方面は7時~8時くらいが開けて
いるようですね。
これだけSSNがあがると長い時間オープンする
ようなイメージですが、短い時間の間にいかに
早くみつけるかですね。
欲張らずオールNew狙いで頑張ってみます。
(探している間にクローズするパターンが多いですがHi)

HB9CVを固定しているのは釣りざおでしょうか?
ホイップとHB9CVではやはり信号強度は違いますか?

AXCさん、こんにちは。

そうですね。カリブ海方面のオープンは開始も終了も短縮方向になって来た感じですね。
逆に、一時の“良すぎてワヤ”なバンド状態ではなくなったので、探しやすくはなりました。

HB9CVは、釣竿ではなくSpiderbeam社の12mファイバーポールを使用して建てています。
構造的には釣竿と全く同じですが、強度が格段に違い、Spiderbeam社は「そこらの釣竿と一緒にしてくれるな」という宣伝文句を言っています。
肉厚が厚いです。
あと、値段が安いです(送料は高い)。
このポールの下6段を使ってHB9を載せています。
釣竿と同じ構造なので、縮み防止措置が必要ですが、それはコチラ↓をご覧ください。
http://jl3lsf.blog.fc2.com/blog-entry-20.html

山上でのHB9CVとホイップの比較ですが、HB9の方がSにして2~3強いです。
“耳S”でも1~2段階の差が認識できます。
これは、AH-4を使ったワイヤーバーチカルと同じ結果です。
それでも昨日のVP5/W5CWとCO8LYは聞こえていました。
海岸ではHB9とホイップの差は縮まると思っていますが、まだ未確認です。

解説ありがとうございます。

いつかはホイップのみから脱却したいと
思いつつ実現しておりません。
海岸でお試しの際はレポートいただければ
幸いです。

VP2ETNとQSOできてFBですね。
今週の月曜日の午前中にワッチできる時間があったのですが、聞く時間が遅すぎました。。。

そろそろ10MHzも面白いですよ。

NSDさん、こんばんは。

VP2ETNは思いがけず2バンドでQSOできたので、運用状況の写真の裏にお礼を書いてSASEに同封して送りました。
ついこの前までは昼頃でもカリブが聞こえていたので、その感覚でいると完全に外してしまいそうですね。
10MHzは好きなバンドです。ワッチしてみます。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
49位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。