2015/07/11 ETとV3と昼間の楽しいスキャッター

深夜、18.1098MHzのRTTYでET3AAがCQを出している。
UP1でコールすると、一発でリターンあり。
うほほ。

21.215MHzではTY2BPがFBに入感。
UPの周波数はパイルで混沌。
某局がUP5で「Yeah, This is Juliette Alpha Three ...」と言っているのでリターンがあったのかと思ったら、完全に相手のリターンを無視してコールし続けていた。
しかも、相手と送受のタイミングが完全にずれているので、違う局を呼んでいるのかと思ったら、やはり相手の状況はお構いなしに呼び倒しているだけだった。
そういう状況だし、21MHzのTYはQSO済みなので、呼ぶのやめ。

2時前、21.008MHzでV31MAが弱く聞こえている。
コールすると、Euの局も同時に呼んだようだが、これまた一発でリターンあり。
びっくり。

朝は18.072MHzでNP4FWが聞こえるが、他は特に聞こえない。

午後、50MHzを聞くと、スキャッターが出ている様子。
50.231MHz CWでJH7PKU/0 (上越市)とQSO。
上越市は初交信。
ビーム方向は215度だった。

50.180MHzではJG1GUW/1 (山梨県中央市)がFBに聞こえるが、呼んでも呼んでも届かない。
GUW局曰く、低い所なので聞こえないとのこと。
残念。

50.220MHzでは東京都三宅支庁御蔵島村のJM1KGAがガツンと強い。
コールするが呼び負けの連続。
やっと拾ってもらえ、「59+強力です」とのこと。
ずっと聞いている間に59+をもらった局は他にいなかったので、当局が一番強かったことになるが、その割には拾ってもらうのに手間取った。
呼ぶのが下手か???

1エリアを探してワッチするが、CQを出している局が見当たらない。
仕方ないので自分がCQを出すことにした。
何年ぶりのCQだろう。
方向としては、80度でも210度でも聞こえるので、どっち向きにしようか悩んだ末80度方向に向けることにした。
何度かCQを出すと、期待通り1エリアからコールあり。
8分間の間に立て続けに10局に呼んでもらえたが、そこで急にパタっと呼ばれなくなった。
スキャッターの方向が変わったと読んで、1エリアの局を探して方向調整。
再度CQを出すが1エリアからは呼ばれない。
JA8FFD (旭川市)から呼んでいただいたが、ファイナル時にはカスカスになってしまったので、ここでCQ終了。
東京都葛飾区、筑西市、東京都杉並区、戸田市がNew。

何か出ていないかとワッチすると、50.333MHz RTTYでJG3IFX/2 (瑞穂市)が、50.287MHz RTTYでJL1CCL (牛久市)が聞こえたのでQSO。

夕方には50.115MHzでBX3AA/QRPがCQを出していたので、こちらもQRPでコール。
2way QRPでQSO。

今日はJCCが6増えた。
QSOしていただいた皆さんありがとうございました。

7/11 0027J 18109.8kHz RTTY ET3AA (Ethiopia) 300deg 200W
7/11 0156J 21007.9kHz CW V31MA (Belize) 45deg 180W
7/11 1314J 50231.6kHz CW JH7PKU/0 (新潟県上越市) New 215deg 80W
7/11 1352J 50220.0kHz SSB JM1KGA (東京都三宅支庁御蔵島村) 120deg 80W
7/11 1402J 50284.0kHz SSB JH1PWA (東京都葛飾区?) New 80deg 80W
7/11 1403J 50284.0kHz SSB 7M3GHG (茨城県筑西市) New 80deg 80W
7/11 1404J 50284.0kHz SSB JA1DHL (神奈川県横浜市金沢区?) 80deg 80W
7/11 1405J 50284.0kHz SSB 7K3UVF/1/QRP (神奈川県横須賀市) 80deg 80W
7/11 1405J 50284.0kHz SSB JI1MYG (神奈川県横須賀市) 80deg 80W
7/11 1406J 50284.0kHz SSB JE3QPK (大阪市住之江区?) 80deg 80W
7/11 1407J 50284.0kHz SSB JL1CJM (東京都杉並区) New 80deg 80W
7/11 1407J 50284.0kHz SSB JI1RVX/QRP (埼玉県戸田市?) New 80deg 80W
7/11 1408J 50284.0kHz SSB JA1NRQ (千葉県旭市) 80deg 80W
7/11 1409J 50284.0kHz SSB JN1ATL (埼玉県草加市) 80deg 80W
7/11 1411J 50284.0kHz SSB JK1USO (埼玉県川口市) 80deg 80W
7/11 1414J 50284.0kHz SSB JA8FFD (北海道旭川市) 80deg 80W
7/11 1445J 50333.2kHz RTTY JG3IFX/2 (岐阜県瑞穂市) New 230deg 80W
7/11 1454J 50287.1kHz RTTY JL1CCL (茨城県牛久市) 230deg 80W
7/11 1601J 50115.2kHz CW BX3AA/QRP (Taiwan) 270deg 5W
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

金曜日の打ち合わせ後、実家へ戻っていました。
JM1KGAは私もQSO。1回目のCWは谷間にはまったので苦戦しましたが、時間をあけて聞いたSSBでは強力でした。こちらも残念ながらパイルアップは数回呼び負けました(^^;

#一応100W。アンテナが和歌山県のHB9CVとシンプルです。

 土曜日の午後は、50MHzで1エリアだったり、沖縄方向だったり。。。開けていて、楽しめました。これが1週前だったら。6m&downも楽しかったはずなんですが。

jyeさん
御蔵島QSOされましたか。
私の呼び負けは数回では済まなかったですが、59+なんですよね。
100W機ではありますが、意味不明なプロテクトが働いて80Wしか出ません。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR