2015/07/13 肝心な所は逃す

昨夜の徹夜は忙しいうえに、深夜にもかかわらず屋上でも真昼のような暑さの超熱帯夜。
なのに日曜日ということで空調も切られていて汗だく。
しかも大分で震度5強の地震もあって更にバタバタ。
朝ヘトヘトで帰宅しても家でも忙しい。
やっと寝れたのは正午。

15時頃起きて昼食(ケーキ)。
暑くて暑くて、協会のテレビでは逆Lで熱中症に注意を促す情報を流している。
これって普通地震や台風のときにやるやつでしょう。
8kWのエアコンをガンガンにかけて、扇風機を強で回してかき回しても、部屋の中に温度ムラがあって、場所によっては汗が噴出す。
一体どうなっているのか。
夕方になってエアコンは断念し、全窓を全開にしたら、その方が涼しかった。
素直に家の設計通りの運用をすべきですな。
でも夜はまた無風。

夕方、3.507MHzではE51DWCがパイルになっているがカスカス。
まあ、皆さん呼んでいるが、どんなアンテナを上げれば聞こえるのやら。

50MHzも今日は寂しい。
50.230MHzでJF4PMV/4 (瀬戸内市)が聞こえるのみ。

3.505MHzでHL15UGがS9+20dBと強いのでQSO。

夜、21.255MHzではV5/DJ8VCが聞こえるが呼んでも呼んでもEuばかり拾う。
アカン。

21.243MHzではZR1WZのCQが聞こえる。
EuとのQSO中に「JAがV5を呼んでいるのが聞こえる」と言っているので、JA狙いでCQを出しているようだが、JAから声はかからない。
かく言う自分も呼ばない。

21.263MHzでは喉から手が出るモザンビークのC92IOが聞こえる。
皆さんコールするが、1局拾うのに猛烈に時間をかけるので、呼び方が難しい。
当局の場合は、コールし始めると7エリアの局が毎回被せてくるので、これを避けてコールするのが難しい。
結局拾ってもらえず今回もモザンビークのNewゲットはならず。
いつになったらQSOできるのやら。
これができれば295になろのだが...取らぬ狸の皮算用。
まあ、ほとんどの局は撃沈していた。
そんな中、あの人は簡単に届いていた。

21.217MHzのFRはカスカス。

21.266MHzのZS90SARLも弱い。
「Listenning UP15」と言っているが、オンフレを拾っていた。
UP15で呼んでも反応がないのでもうやめた。

21.290MHzではお馴染み5Z4/IK2YDJが聞こえる。
弱いがすぐQSOできた。

どうでもいい所はパイルでも簡単にQSOできるが、肝心な所は逃しっぱなし。

7/13 2004J 3505.0kHz CW HL15UG (Korea) 基部接地型 170W
7/13 2354J 21290.0kHz SSB 5Z4/IK2YDJ (Kenya) 280deg 190W
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今日もアフリカがよーさん出てましたねー。
C92IOはクラスターで出ているのを知りました。
JAでいっぱいのこんな時はあかんのですが、奇跡的に早く出来ました。
じっくり聞いているようなので、ずらして呼んだのが良かったんかも。
V5はほんまにEUばっかりで諦めました。

来週は3回目になりますのでその前の15日に1度、新大阪に顔をだしてきます。
今週は体調がかなりいい感じです。
そちらにもご挨拶に行きたいですが、仕事の用事ではないので行きづらいです。

RDEさん
よー飛んでましたね。
流石です。
59もらってましたが、こちらではお世辞にも59にはほど遠く、S3ぐらいでしたので全然届かないのも無理はないでしょうね。
どうもRDEさんの4エレはいいですね。
私の4エレはHexと同じぐらで、RDEさんの4エレは私のHexよりも確実に良いので、間接比較で私の4エレよりもRDEさんの4エレの方が間違いなくゲインがありますね。
何かおかしい可能性がありますが、下から望遠で見ている限り、おかしい箇所が見つかりません。
可能性としては、メーカーでのシールの貼り間違いですね。

3回目の治療ということで、またしんどいかと思いますが、この猛暑ですので行き帰りお気をつけください。
そうですね、また一回お会いしないといけませんね。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR