FC2ブログ

2015/08/31 ・ 2015/09/01 8S7A, RI0POL

8/31に日付が変わった頃、14.203MHz SSBで8S7Aという聞きなれないコールの局のCQが入感。
どこかと思ったらスウェーデンだった。
信号はあまり強くない上、ノイズで了解度も良くない。
IOTA-037のOland島ということなのでコール。
すると意外にも「59 Very nice signal」というレポートをくれた。

その後、14.205MHzでDG150ZRSのCQが良く聞こえていたのでQSO。

その後もしつこくワッチしていると、14.005MHzでRI0POLという局がCQを出し始めた。
信号が強く、なぜかこのコールサインが気になってQRZ.COMで確認してみると、UA4WHX Vladの新たな旅と判明。
北極海を巡る砕氷船に乗っている模様。
パイルになりつつあったが、とりあえずコールするとすぐにリターンあり。

8/31夜、ワッチしていると、14.005MHzで今度はRI0PVがCQを出していた。
これも勿論UA4WHXのツアーの一環。
昨夜と違って信号は弱く、Euのパイルも激しい。
しばらくコールしてみたが歯が立たない。
22:45頃に「QRX 30MIN」と打って消えてしまったが、次に出てきたときには1時間以上が経過していた。
信号はもっともっと弱くなっていて、コールしても無駄なぐらい。
Euのパイルは益々激しく、オンフレで色んなことを打つ連中が多くて呆れた。
「Hトン トン」と打つ輩がいちばん多いが、その他「UP」、「QRT」、「QSY」、「LID」、「XXXXXX...」、「MERDA MERDA MERDA...」など。
Euの連中は本当に行儀が悪い。

9/1に日付けが変わった1時過ぎ、SU9IGが10.10398MHzに出てきた。
信号はしっかりしていて、QSOできそうに思ったが、当局の貧弱なDPでは届かなかった。
30分ぐらいして14.001MHzにQSY。
しかし14MHzでもQSOはできなかった。
EuばかりがQSOしていた。
その後、14.283MHzにQSYしたが、信号は非常に弱かった。

バンド中賑やかなのに、なかなかQSOできる相手がいない。
2時頃、10.1169MHzでOM2015TITANICが聞こえたのでコール。
やはり当局の信号は弱いようで、何度も何度も「AGN」を打たれ、ようやく「LSF」をコピーしてもらった。
しかしプリフィックスは「JR1」とコピーされている。
何度も「JL3」を繰り返していると、なんとか「JR3」となった。
めげずに「JL」を繰り返すと、やっとフルコピーしてもらえた。
相手もCQ空振りが続いていたので、根気良く付き合ってくれた。
どうもこのアンテナはあかん。
作り直し決定。
色々考えていると、良い案が浮かんだ。

8/31 0016J 14203.2kHz SSB 8S7A (EU-037) 335deg 160W
8/31 0026J 14205.1kHz SSB DG150ZRS (Germany) 335deg 160W
8/31 0119J 14004.9kHz CW RI0POL (European Russia) 350deg 150W
9/1 0200J 10116.9kHz CW OM2015TITANIC (Slovak Rep) 265deg 150W
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

40 Meter Mini-MOXON Beam Antenna

http://www.iw5edi.com/wp-content/uploads/2013/06/40-Meter-Mini-MOXON-Beam-Antenna.pdf
ならばなんとか一人でも立てられるおおきさではないでしょうか?

30/40に dual band化できたらすごいですね。

全バンド 2ele計画

eiQさん
面白そうですよね。
マルチバンドMOXONはいつか作ってみたいものです。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
183位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。