2015/09/23 ・ 2015/09/24 Z21MG, E6GG 160m!

9/23に日付が変わってから、10.105MHzでZ21MGが入感。
コールするとすぐQSOできた。
バンドニュー。
フルサイズロータリーベントダイポール好調。

その後、10.114MHzのJA6TBE/6 (AS-012 東国東郡姫島村)とQSOして就寝。
なお信号は非常に弱く、何とかQSOできた。

9/23朝、10.114MHzではCE2AWWが入感。
前日と違って、パイルにもかかわらずすぐにリターンあり。
ちょっとびっくり。

E6GGが28MHzに出ていたのでコール。
どこをピックアップしているのかわからなかったが、UP4とわかってQSOできた。

10時過ぎ、E6GGは21.260MHzのSSBに出てきた。
聞いていると皆さん簡単にQSOしているが、当局で聞く信号は異常に弱く、苦労の末UP16でQSO。
なぜこんなに弱い???

午後、14.005MHzにRI0KV (AS-027)が出てきた。
いつどこから出てくるかよくわからないVladであるが、これまたピックアップしている周波数がわからない。
結構時間をかけてUP8.6でリターンあり。

夕方、OJ0DXが18.070MHzで入感。
パイルではあったが、これはさすがにすぐQSOできた。

深夜23時過ぎ、18.070MHzでZ21MGのスポットが。
ビームが北を向いていて、まったく何も聞こえなかったが、半信半疑で270度方向に向けるとSメーターが5までガンガン振れるではないか。
コールすると即リターンあり。
びっくりするねー。

それからも色々と用事をしていて2時前になった。
ちょっとワッチしてみると、連日全く聞こえなかった1.823MHzのE6GGが聞こえるではないか。
しかもCQ空振り。
ATUを調整して呼んでみるが、基部接地型アンテナの設定が3.5MHzになっていて飛ばない。
仕方なく裏庭に出て、コイルのタップとコンデンサを1.8MHzに切替え。
シャックに戻って呼ぶと、「AGN」が返って来た。
再度呼ぶがCQが出る。
もう一度コールすると、タイミング悪くQSBで落ちてしまったが、よく聞くと当局のコールを打っている。
しかも合っている。
もちろんバンドニュー。
かくしてE6GGは1.8MHzから28MHzまでの9バンドで10QSO!!!
ここまでできたのは初めて。

9/23 0032J 10105.0kHz CW Z21MG (Zimbabwe) Band New 260deg 130W
9/23 0049J 10114.0kHz CW JA6TBE/6 (大分県東国東郡姫島村 AS-012) 290deg 130W
9/23 0713J 10114.0kHz CW CE2AWW (Chile) 70deg 130W
9/23 0734J 28030.0kHz CW E6GG (Niue) 130deg 130W
9/23 1054J 21260.0kHz SSB E6GG (Niue) 130deg 180W
9/23 1538J 14005.0kHz CW RI0KV (AS-027) 20deg 160W
9/23 1751J 18070.0kHz CW OJ0DX (Market Reef) 333deg 200W
9/23 2316J 18070.0kHz CW Z21MG (Zimbabwe) 270deg 200W
9/24 0159J 1823.3kHz CW E6GG (Niue) Band New 基部接地型 90W
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

祝・大漁。

沢山New増えましたね。
こちらは、10MHzは、VK9LN、CE2AWW、PY2XB、LU5FC。南米とは相性がいいみたいですが、アフリカはダメですね。

 Z21MGは、3局で行っているみたいですが、出ているバンドはこちらの予想をすり抜けているようです。やはりEuから沢山呼ばれているみたいですね。Z21は18CWでやっていますが、もう1つやってみたいです。

 

cong!

E6GG 160mおめでとうございます。
niueは私も残すところ160mだけなのですが、今回は厳しそうです。

御礼

ONXさん
10MHzのVK9LNはこちらではカスカスで無理でした。
Z21MGはいつ聞こえるかよくわからず、ちょっと予想しにくいです。

ELGさん
ありがとうございます。
まだ残り日数がありますので、まだ諦めるには早いかと思います。
昨夜2時過ぎの信号を聞いてそう思いました。
ちょうど向こうの日の出だったようです。

DXシーズン到来

ご無沙汰してました。
調子が良い感じですね。
当局もスローペースですが楽しんでいます。コンディションが随分良い感じになってきましたね。
E6GGの160m狙いたいですが、夜中起きてやる根性なし(体力的に)です。

DRLさん
こんばんは。
シルバーウィークは久々に帰られて80mのE6GGがゲットできたそうでおめでとうございます。
コンディションも、まあ一進一退かとは思いますが、楽しんで参りましょう。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR