2015/10/24 HP1RN, CQ WW DX SSB

朝、21.02066MHzでVP9/W6PHが入感。
しかし弱い上にパイルで無理。

28.498MHzのHI3Kは弱い。

24.894MHzではHP1RNが入感。
オンフレで大パイル。
呼ぶが当然手応えはない。
そのうちスプリットになった。
するとなぜかパイルが消失。
少しの順番待ちでリターンあり。
しかし運悪くQSBで落ち込んでしまって多少厳しかったが何とかQSO。
バンドニュー。

18.093MHzのE51MQTは弱い。
その後E51MQTは21.029MHzにQSY。
しかし依然信号は弱い。

11時過ぎ、28.370MHzではロングパスでEA8TXが入感。
今回のCQ WW DX Contestでの初QSOとなった。
ただし信号は弱かった。

午後、庭の芝刈りをしてからワッチ。
14.2146MHzのE51EAQが非常に強く、S9+20dB。
14MHzのサウスクックはバンドニュー。

28.505MHzでは3V8SSが入感。
信号は弱いがコールするとQSOできた。

21.152MHzではCN2AAが聞こえる。
何度も呼んだが何とかQSOできた。

モロッコは他に21.333MHzにCN2Rが出ている。
こちらも何とかQSO。
色々聞こえはするが、どれも信号が弱くコンディションは良くない。

夕方18時過ぎ、7.107MHzでは6Y9Xが聞こえる。
当然信号は弱くて届きそうにはない。
ただ、短縮ベントダイポールでカリブが聞こえる時点で十分ではないか。

7.1999MHzのPJ2Tも何とか聞こえる。

28.3768MhzのCN2AAは届かない。

S01WSが18.162MHzに出てきた。
信号は強い。
しかしパイルがとても大きく太刀打ちできない。
以前は3バンドQSOできているが、あの頃とは比べ物にならないぐらいの大パイル。
まあQSO済みなのでコールする必要はないが。
多分、呼んでいる皆さんそうだろう。
でないとこんなにパイルにはなるまい。

夜は14MHzでカリブが聞こえる。
聞こえるだけ。

14.276MHzではCN2AAが聞こえているが、信号は弱くいくら呼んでも届かない。

10/24 0807J 24894.0kHz CW HP1RN (Panama) Band New 50deg 150W
10/24 1117J 28370.1kHz SSB EA8TX (Canary Is) 160deg 150W
10/24 1540J 14214.6kHz SSB E51EAQ (South Cook) Band New 130deg 130W
10/24 1544J 28505.0kHz SSB 3V8SS (Tunisia) 330deg 150w
10/24 1559J 21152.0kHz SSB CN2AA (Morocco) 335deg 200W
10/24 1604J 21333.7kHz SSB CN2R (Morocco) 335deg 200W
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

遠いALLNew

ご無沙汰してます。S01WSきこえてましたね、少し参戦しましたが呼ぶ気が失せました(笑)オールニューはしばらくご無沙汰です。(最近フリラのほうが楽しいのもありますが)

AXCさん、こんばんは。
フリラに方で非常にアクティブなようでFBですね。
S01WSですが、なぜあんなにパイルになっているのか不思議に思って、QSOしているBig Gunの皆さんのコールをClublogに入れてみたら、前回に意外にも17mでやっていないようです。
今回は2日間の運用ですし、あの調子では難しいですね。
しかも日曜日はオンフレでやってました。

40m のカリブ

WW CW でキット出来ますよ。私は 5Wでそれこそ合計両手両足を超えています。 40m/30mで Newがどんどん増えて楽しそうですね。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR